鍼灸あん摩マッサージ指圧科

東洋医学のジェネラリストを めざして

鍼灸あん摩マッサージ<br />
指圧科 学科長<br />
種田 啓子 鍼灸あん摩マッサージ
指圧科 学科長
種田 啓子

鍼灸あん摩マッサージ指圧科は東洋医学・西洋医学の知識、診断法、技術を生かして幅広い分野で活躍できるジェネラリストの養成をめざしています。はり、きゅう、あん摩マッサージ指圧全てを生かして臨床に携わりたい方、はり、きゅう、あん摩マッサージ指圧は今すぐ学びたいけれども自分がどの分野に向いているのかもう少し考えたい方にお勧めしております。鍼灸あん摩マッサージ指圧科では、将来どのような分野に進んでも応用ができるよう、はりきゅうの基礎実技をじっくりと学びます。「軽擦3千回」、「手に目をつけろ」をモットーに、気持ちよく触れる手、異常な場所を感じられる手づくりを徹底しています。多くの人を元気にしたい!そんな気持ちの方をお待ちしております。

定員・修業年限

  定員/期間 授業時間
昼間部 30名/3ヵ年 授業時間 月~金 9:30~12:40 週2回 火・金 13:30~15:00
夜間部 30名/3ヵ年 授業時間 月~土(土は第1、第3) 18:00~21:10

取得可能資格

はり師、きゅう師、あん摩マッサージ指圧師それぞれの、国家試験受験資格が与えられます。 国家試験は3学年の2月に受験します。

鍼灸あん摩マッサージ指圧科カリキュラム

カリキュラム内容 授業科目 認定規則の単位数 時間
基礎分野 科学的思考の基盤 人間と生活 人体の構造 人体の機能  英語 心理学 保健体育 栄養学 古典  薬理学基礎(漢方) 14 240
専門基礎分野 人体の構造と機能 解剖学 生理学 16 320
疾病の成り立ち、 予防及び回復の 促進 病理学概論 臨床医学総論 臨床医学各論 リハビリテーション医学 衛生学・公衆衛生学 14 290
保健医療福祉と はり及びきゅうの 理念 医療概論 関係法規 3 60
専門分野 基礎あん摩マッサージ
指圧学
基礎はり学
基礎きゅう学
あんまマッサージ指圧理論
はりきゅう理論
東洋医学概論
経絡経穴概論
13 250
臨床あん摩マッサージ
指圧学
臨床はり学
臨床きゅう学
東洋医学臨床論
臨床あはき学
3 60
社会あん摩マッサージ
指圧学
社会はり学
社会きゅう学
地域理療学
理療経営学
2 40
実習 あん摩マッサージ指圧実技
はりきゅう実技
24 900
臨床実習 臨床実習 4 180
総合領域 総合応用
鍼灸学総合実技
10 250

実技講師ピックアップ

井上 良太先生
(1966年本校卒業/ あん摩マッサージ指圧実技/はりきゅう実技)

あマ指・はりきゅう実技講師。小守スポーツマッサージ療院の代表も務めており、後進の育成にも力を入れ、多数のトレーナーを輩出

舘野 ひろみ先生
(2010年はり師・きゅう師・ あんまマッサージ指圧師国家資格取得。)

臨床教育専攻科卒業。2013年より本校教員として勤務。 現在、専任教員と治療院との兼業。

現場で活躍するための あん摩マッサージ指圧実技実習

本校の特徴のひとつに、実践に基づいた実技実習があります。

卒業後に即戦力として活躍するために 鍼灸同様1年次から段階を追って行われる実技実習は、本校在校生や卒業生からも高い支持を得ており、女性の先生も多数在籍しているので安心して学ぶことができます。

1年次 ~手をつくる~

治療家にとって最も大切な手を作る基礎になるのが1年目です。現役で活躍する先生たちから指導をしっかり受け、治療家としての基礎作りをしていきます。

まずは体構えと治療家の手を作る

1年目はまずしっかりと基礎練習をします。

  • 治療家になるための体構え
  • 土台をしっかり作ることの大切さを実技授業で実感
  • ツボを探せる
  • 治療ができる手をつくる
  • 患者さんの身体が発する情報をしっかり読み取れる手をつくる 臨床経験豊富な講師陣による実技授業は現場でのノウハウが満載。
  • 1年目から常に現場を意識した練習は東洋鍼灸の伝統です。

2年次 ~伝統と革新を学ぶ~

技に磨きを!

本校は、はり灸実技ともに「「手技」でも独自の術式を持っていて、1年では流れをおぼえ、流れをおぼえ、2年ではそれに磨きをかけています。実際にその術式で臨床を重ねている経験豊富な先生方から伝統の技、さらには応用も学ぶことができます。

3年次 ~実践のチカラ~

即戦力になるチカラをつける!

3年ではさらに臨床50年の先生から、他学校では教えない東洋医学の深淵を学ぶことができます。診断法や少し不思議な技や、オイルマッサージの授業もあります。すぐに使える技を伝授していただくので、絶対に開業や即戦力へのチカラになるはずです。

手に目をつけろ

1年次 基礎実技の徹底反復練習

2年次 基礎の徹底から臨床へ

3年次 臨床実習

在校生インタビュー

鍼灸あん摩マッサージ指圧科 昼間部 3年 内田 崇斗さん

Q:鍼灸を学ぼうと思ったきっかけ

A:高校時代に陸上競技をしていて、怪我をして鍼灸と出会いました。
なかなか治らなかったものがその場で痛みが減り、とても感動しました。
なぜ治るのか、不思議でもっと勉強したいと思ったことがきっかけです。

Q:本校を選んだ理由

A:体験入学のとき、どの先生のお話も面白く、こんなに楽しく学んでいけたらいいなと、思ったことがきっかけでした。
自習スペースがあったり、実技室解放には先生もいてくれると聞き、いつでも心置きなく学んでいけると思い選びました。

インタビューをもっと見る

鍼灸あん摩マッサージ指圧科 昼間部 2年 児玉 美紀さん

Q:鍼灸を学ぼうと思ったきっかけ

A:どちらかというと、東洋医学を学んでみたいという興味本位です。
会社員時代、精神的な苦しさから体調を崩したことがあり、心=身体なのだと体感しました。それが心身一元論という、東洋医学の考え方と通じ、自分なりに感じる所があったので、最初は東洋医学に救いを求めた感じです。
サービス業と販売職を経験し、心の機微に触れた経験を活かし、身体の辛さも取り除ける治療家になれたら、自分自身も生きる意味を感じながら社会に貢献できるのではないかと考えました。

Q:本校を選んだ理由

Q:本校を選んだ理由
A:学生の年齢層の幅広さと、学校見学の際の雰囲気に温かさを感じたからです。
事務の方を始め、学生の皆さんが明るく挨拶してくださり、この学校でなら、未知の世界の勉強も少しは安心して取り組んでいけるのではないかと感じたからです。
気を扱う職業でもあるので、直感を大切にしました。

インタビューをもっと見る

鍼灸あん摩マッサージ指圧科 夜間部 2年 吉井 珠希さん

Q:鍼灸を学ぼうと思ったきっかけ

A:持病で鍼治療を受けたことがきっかけです。西洋医学の外科的な治療以外にも方法があるんだ、と興味をもちました。

Q:本校を選んだ理由

A:臨床経験豊富な先生方に実践的な技術を教えていただけること、課外授業で様々な治療法を学ぶチャンスがあること、また通いやすい立地であったことです。

インタビューをもっと見る

インタビューをもっと見る