• 資料請求
  • 校内見学申込
  • 体験入学
TEL
MENU

東鍼校の特徴

「資格取得」がゴールじゃない。
圧倒的な実技・臨床時間は、独立開業できる鍼灸師を育てます。
東洋鍼灸専門学校の創立者、柳谷素霊先生はすぐれた教育者・臨床家であり、
「古典的鍼灸の臨床的現場を惜しげなく示し、鍼灸の科学化を推進する」と説いています。
私達も古典の文献を紐解くと共に、鍼灸の科学化を推し進め、研究をし、治療法を充実し、臨床経験豊富な講師の先生方、
また本校卒業生の協力を結集して、学生の皆様を指導し、「独立開業を目指す、プロフェッショナルな鍼灸師」に育てます。

東鍼校が誇る3つの特徴
1

実技・臨床時間 + 実技室開放時間
1000時間超
業界最多レベルの臨床・実技時間
参加型臨床実習など充実した実技の指導

東洋鍼灸専門学校では、実際の臨床に活かせる知識と技術を養うために、本校独自の参加型臨床実習を行います。
臨床家としての心得、態度、言葉遣い、ならびに一連の施術行為(医療面接、身体診察、施術等)を実践的に
理解体得するとともに、それらを常に習慣化できることを目的にしています。

さらに実技室開放で技術に磨きを。

時間イメージ

2
伝統校ならではの実力は講師陣。
誰に教わるかで技術力は各段に違いが出ます。

柳谷素霊が崇高な理念を基に創立した東洋鍼灸専門学校の誇り高き権威と伝統は、
脈々と現代に受け継がれ、日本鍼灸界屈指の名門校として多数の優秀な卒業生を輩出しています。
講師陣には、鍼灸業界の各師会・学会の役職者、メディアで取り上げられるほどの著名な講師が名を連ねています。
当校の実力派講師陣により、他校では得られない技術力をご提供いたします。

教職員数

本校は専修学校設置基準に基づき、下記の教員・職員を配置しています。(2018年4月1日)

校長 教員(本務者) 教員(兼務者) 事務職員
1名 16名 31名 16名

井上 良太先生

井上 良太先生
[1966年卒業]
小守スポーツマッサージ療院の代表、そして埼玉西武ライオンズのトレーナー。井上良太先生は後進の育成にとても熱心で、多数治療家やトレーナーを育成されています。はり灸実技やあん摩マッサージ指圧を指導していただいています。

岡田 明三先生

岡田 明三先生
[1971年卒業]
神宮前鍼療所院長の岡田明三先生は経絡治療学会会長でもあります。1977年に開業後、経絡治療一途に取り組まれたその卓越した技と心、知識を伝授していただいています。

大浦 慈観先生

大浦 慈観先生
(本校はりきゅう実技講師)
「いやしの道」協会元会長・現顧問。日本の伝統的鍼灸および古方漢方を学ぶ。1994年に「はり・きゅう治療処 路傍庵」を開業し、病院の鍼灸外来の担当も兼ねる。
3
卒業生・臨床家による実践型特別授業。
「実技を学ぶなら東鍼校」と推薦される所以がここに。

鍼灸・あんまマッサージ指圧の正規実技授業はもちろん、卒業生を中心としたTEP(Toshin Extra Program) =実践型課外特別授業により、
より現場に近い実技授業を提供します。
臨床実習を加えた実技授業は質・量とも業界トップレベルであることを内外からも評価いただいています。

実技授業
(正規授業)

はり灸・あん摩マッサージ指圧実技とも多数の講師が実践指導を行います。 井上 良太 先生

  • 鍼灸科
  • 鍼灸あん摩マッサージ指圧科
井上 良太 先生
[1966年卒業]
小守スポーツマッサージ療院の代表、そして埼玉西武ライオンズのトレーナー。井上良太先生は後進の育成にとても熱心で、多数の治療家やトレーナーを育成されています。はり灸実技やあん摩マッサージ指圧実技を指導していただいています。
TEP(Toshin Extra Program)
従来の課外特別講演

臨床の第一線で活躍している卒業生が在校生に向けて実践的であたたかいメッセージや実技指導を行なう課外特別演。 三浦 勝男先生

  • 鍼灸科
  • 鍼灸あん摩マッサージ指圧科
三浦 勝男先生
[1961年卒業]
本校第1期生として卒業された三浦勝男先生は現役の治療家であり、臨床に出てから50年以上。栁谷素霊先生に教わった三浦先生から「経絡治療~栁谷一本鍼~」をテーマに講演と実技指導をいただいています。
鍼灸科だけの実技特別授業

鍼灸科では3年生になると、さまざまな鍼灸治療法の講師を外部からお招きし、より深く鍼灸を学んでいただきます。
名人クラスの治療家や治療法の第一人者がお越しになり、熱意をもってご指導いただきます。


授業の名称と内容

[2020年度実施]

※年度により授業内容は変わります。

  • 小児はり(大極安子先生)
    小児はり(大極安子先生)
    日本発祥の小児はりは刺さないはりで刺激し、病気の治療やすこやかな成長を促進。大師流三世谷岡賢徳師に師事された大極先生が貴重な技を伝承。
  • 人迎氣口診(鳥谷部創冶先生)
    人迎氣口診(鳥谷部創冶先生)
    創立80年の歴史を持つ古典鍼灸研究会の脈診(人迎氣口診)と治療を東鍼校卒業生鳥谷部先生より学ぶ。
  • 緩和ケア(鈴木春子先生)
    緩和ケア(鈴木春子先生)
    国立がんセンターではりきゅうによる緩和ケアに長年携わられた第一人者に緩和ケアの心と技を学ぶ。
  • 刺絡(しらく)鍼法(友部和弘先生)
    刺絡(しらく)鍼法(友部和弘先生)
    古典に起源をもち、速効性と気血をめぐらす効果の高い刺絡療法を学ぶ。
  • 現代鍼灸とパルス(濱田淳先生)
    現代鍼灸とパルス(濱田淳先生)
    現代鍼灸で使うことが多いパルス(電気はり)を使って、筋肉の疲労等の治療方法を学ぶ。
TEP(鍼灸科・鍼灸あんまマッサージ指圧家共通)

本校のTEP(課外特別)は卒業生を中心に外部から講師をお招きし、より深く広く鍼灸やあんまマッサージ指圧を学んでいただくプログラムです。1年生は基礎実技をさらに重点的に、2年生・3年生ではさまざまな治療法を奥深く学べます(受講料無料)


授業の名称と内容

[2020年度実施]

※年度により授業内容は変わります。

  • はりきゅう実技基礎(市川肇先生)
    はりきゅう実技基礎(市川肇先生)
    主に1年生:はりとお灸の基礎をさらにじっくりを学ぶ。
  • はりきゅう、あん摩マッサージ指圧に生かす診断法(竹内廣尚先生・冨永雄介先生)はりきゅう、あん摩マッサージ指圧に生かす診断法(竹内廣尚先生・冨永雄介先生)
    はりきゅう、あん摩マッサージ指圧に生かす診断法(竹内廣尚先生・冨永雄介先生)
    はりきゅう、あん摩マッサージ指圧に必要な診断法を学ぶ。
  • 医学漢文訓読入門(荒川緑先生)
    医学漢文訓読入門(荒川緑先生)
    和刻本『難経』を読む。
  • 積聚(しゃくじゅ)治療(藤原典往先生)
    積聚(しゃくじゅ)治療(藤原典往先生)
    積聚治療は本校卒業 小林詔司師が発案した腹部を中心に診断し背部を接触鍼(刺さない鍼)をほどこす治療。
  • あん摩マッサージ指圧の基礎と実践(冨永雄介先生)
    あん摩マッサージ指圧の基礎と実践(冨永雄介先生)
    鍼灸科対象、手作りの基礎からあん摩マッサージ指圧の実践を身に付ける。
  • あん摩マッサージ指圧の基礎と実践(大浦宏勝校長)
    校長に学ぶ:症例別はり灸実技(大浦宏勝校長)
    症例に沿った「癒し」の鍼灸治療を学ぶ。
  • 接触鍼法(刺さない鍼)(小野博子先生)
    接触鍼法(刺さない鍼)(小野博子先生)
    長きにわたり実技指導に携わられた小野文啓師があみだした接触鍼法を学ぶ。
  • 錬成会(れんせいかい)(齋藤鳳観先生)
    錬成会(れんせいかい)(齋藤鳳観先生)
    臨床50年の大ベテラン&本校講師として30年にわたりはりきゅう実技を指導されてきた齋藤先生に古典鍼灸の真髄と生きた臨床を学ぶ。
  • 九鍼(きゅうしん)の応用(石原克己先生)
    九鍼(きゅうしん)の応用(石原克己先生)
    九鍼と呼ばれる古代から受け継がれたさまざまな鍼の実践を学ぶ。例)火鍼、捻刺鍼、大鍼、ざん鍼、長鍼など
  • 「鍼の稽古会」朋(とも)と研(みが)く(篠原勉先生)
    「鍼の稽古会」朋(とも)と研(みが)く(篠原勉先生)
    創立者柳谷素霊師の心と技を受け継き『柳谷一本鍼』を学ぶ。
  • 実践美容鍼灸(奥住知子先生)
    実践美容鍼灸(奥住知子先生)
    少数穴、細い鍼での美容鍼灸を学ぶ。
  • スポーツマッサージ(奥住知子先生)
    スポーツマッサージ(奥住知子先生)
    現場でしっかり効果を出すためのスポーツマッサージを学ぶ。
NEW↓
イベント
情報