お知らせ

2021.9.20(月・祝)第5回体験入学を開催しました!

イベントレポート

9月20日(月・祝)、本年度第5回体験入学を開催しました‼️
台風一過の祝日快晴でしたが、まだ緊急事態宣言期間中!!
しかしながら、多数の方にお越しいただき、教職員一同感謝です。
参加いただいた皆様、ありがとうございました。
当日は、まず校長挨拶、学校紹介、受験案内で本校を知っていただきました。

体験授業レポート「脈診を学ぼう」

講師に本校で「はり灸」あん摩マッサージ指圧」実技を指導していただいている金子公憲先生をお招きし、
講義・実技(治療デモ)を行っていただきました。
※緊急事態宣言期間中のため、一部内容を変更脈診は、東洋医学の診断法の一つで、
両手首の脈に触れて、拍動の強弱などから体の状態を診ていきます。
今回は「腹診」という、腹部に触れた時の反応から診断する方法も合わせて、
弱っている経絡に鍼灸治療する流れを紹介いただきました。
後半の治療デモでは参加者の中から、前屈や肩回りの動作がつらい方にモデルになっていただきました。
動きづらい部位に直接、施術するのではなく、関係する経絡上に鍼や灸をすることで、症状が改善していく様子をご覧いただき、鍼灸ならではの治療効果を実感された方も多かったのではないでしょうか。

参加いただいた方の感想をピックアップ!!

・脈診について、かなり本格的に講義を受けることができて面白かったです。直接、症状がある部分に鍼やお灸をしなくても治療ができるというのがやはり鍼灸の魅力だと思うので、そのことを充分に実感できました。

・実際に講義をしていただき、理解を深めることができました。ありがとうございました。

・鍼を受けていた時に先生の言っていたことが、こういうことだったのかというのがわかり、とても興味をもって聞けました。個別面談もすごく参考になりました。

・実技を見させて頂き、驚きの連続で非常に参考になりました。

・患部に直接触れずに治療できることに奥深さを感じました。脈診を究められるようになりたいと思います。

・今まで不思議に思っていた脈診が少し分かりました。東洋医学の深さに興味を持てました。

・休憩中に、教科書や就職先の資料の説明がありがたかったです。

・とても興味深く、楽しかったです。症状のある部位でなく、別の部位での施術で改善する魔法のようですね。

・今日は脈診の深さを知れてとても楽しかったです。実際に先生に施術してもらい、鍼と脈のつながりにもっともっと興味をもち、ここで学びたい意欲が湧きました。これをきっかけに自分でも調べてみたいです。

・「東洋医学は面白い」と思いました。自分の体調を少し分かってきました。脈で体調を分かるのは珍しいです。

次回の体験入学は、10月24日(日)「ささないハリを体験しよう!」
皆さんの参加をお待ちしています。

10月24日(日)「ささないハリを体験しよう!」