お知らせ

2020.10.6 【今日の学生生活】「鍼灸のがん緩和ケア」 

学生生活

  今日の学生生活 3年生課外特別「鍼灸のがん緩和ケア」

今週から計5回、3年生を対象とした
鈴木春子先生による「がんの緩和ケアと鍼灸」の講義がスタートしました。
緩和ケアは、病気や治療の副作用のせいで起きる患者さんの様々な症状を和らげることで、
いきいきと生活することを目的としています。
鈴木先生は本校卒業生で、国立がんセンター等で鍼灸を用いたがんの緩和ケアに長年成果をあげられました。
その症例は1000件以上!
<鈴木春子先生のプロフィール>
1993年本校卒業  1994年~2011年 国立がん研究センター中央病院勤務
2012年~2017年 新座志木中央総合病院緩和ケア科に勤務
2000年 市川市に「無量光寿庵はる治療院」開業

本日は1回目ということで、緩和ケアを治療する流れや方法、医療チームでの位置づけなどを
講義いただきました。次回以降は少しずつ実技などを行う予定と伺っていますが、
参加した3年生は熱心に聞き入っていたようです。
このような講義が聞けるのは、本校ならでは・・・です。