お知らせ

医療有資格者には最大60万円減額!鍼灸科夜間部 おすすめポイント

その他在校生・卒業生インタビュー

限られた時間の中で、効率的に「国家資格取得」
「開業で成功するためのスキル修得」
ができる環境をご用意しています。

□定員・修業年限
 夜間部30名 3か年 月~金 18:00~21:10
□休日(正規授業)※台風や大雪他、振替授業を除く
 毎週土日祝  
 夏期休暇  8月7日~17日
   冬期休暇 12月25日~1月5日
 春期休暇  3月18日~4月3日

鍼灸科についての詳細は、ボタンをクリックしてご確認ください。

鍼灸科について

最大60万減額!鍼灸科夜間部 医療有資格者学費減額について!

2022年4月入学生から、鍼灸科夜間部に限り、医療有資格の皆さんへの学費減免を開始します。
3年間で最大60万円の減額となり、専門実践教育訓練給付金と合わせると最大228万円の減額となります。
下記要項をご覧いただき、お問い合わせなどは入試事務局までお気軽にどうぞ!
◇要項
・対象学科学部:鍼灸科夜間部
・対象者:2022年4月入学生で、2022年9月までに下記医療系資格を保有している方
・対象資格
医師、歯科医師、薬剤師、はり師、きゅう師、あんまマッサージ指圧師、柔道整復師、看護師、理学療法士、作業療法士、歯科衛生士、診療放射線技師、臨床検査技師、衛生検査技師、視能訓練士、臨床工学技士、義肢装具士、救急救命士、言語聴覚士、獣医師
・提出書類:国家資格の免許証写し
・形式:2022年入学後の後期授業料などを9月までに納入した方のみ、学業基準を満たした方に20万円返金
※いったん学費を入金いただき、その後指定口座に返金致します。
2022年度(1年次):20万円返金
2023年度(2年次):20万円返金
2024年度(3年次):20万円返金  計60万円返金
・成績判断基準
①総合成績が上位50%以内で、平均点85点(100点満点)であること
②出席率90%以上であること(単位互換した場合も90%以上)

 

 

最大168万円支給!教育訓練給付金

最大168万円支給!教育訓練給付金

鍼灸科夜間部3年生座談会を開催しました!

鍼灸科夜間部3年生懇談会

1.鍼灸科夜間部ならではの「TEP(課外特別)

月1回土曜日夕方(18時~20時)※第1もしくは第3土曜日を予定しています
鍼灸科夜間部のみのTEP(課外特別)を行います。卒業後、開業もしくは第一線で活躍する「術」を修得しましょう!
※参加は任意となります。参加費無料

鍼灸科夜間部 TEP(課外特別)1年次 手技実技

鍼灸治療の前後には、患者さんのカラダを診たり、ほぐす「術」が必要です。
鍼灸科でももちろん授業でも学びますが、課外でワンランク上の「手」をつくりましょう。
期間:1年生後期(10月~2月頃までの月1回土曜日)18時~20時頃
対象:1年生鍼灸科夜間部希望者(参加は任意です)
参加費:無料

鍼灸科夜間部 TEP(課外特別)2年次 美容鍼灸

はりや灸、手技を使って、最近話題の「美容鍼灸」を学びましょう!
女性の方だけではなく、最近は男性の「美容鍼灸」利用者も増えています。
※1年生で基本的なスキルを修得されたという前提です。
講師は、「美容鍼灸」サロンで活躍の卒業生が担当します。
期間:2年生(6月~2月頃までの月1回土曜日 8回程度)18時~20時頃
対象:2年生鍼灸科夜間部希望者(参加は任意です)
参加費:無料

鍼灸科夜間部 TEP(課外特別)3年生  鍼灸院開業とマーケティング

鍼灸院の開業はもちろん、
開業後の成功するための集客、マーケティング、SNS対策などを学びましょう!
もちろん、卒業後即開業でない方も歓迎です!
講師は、サロン経営者もしくは代表の方を予定しています。
期間:3年生(5月~9月頃までの月1回土曜日 5回程度)18時~20時頃
対象:3年生鍼灸科夜間部希望者(参加は任意です)
参加費:無料

 

 

 

 

2.昼間部授業への振替

夜間部学生に限り、昼間部同一授業に振替を認める場合があります。
(年間6コマまで。1週間前までにクラス担任へ申請、学科長承認が必要)

3.万全の国家試験対策

授業はもちろん、授業外でのサポートも充実!
・本校独自の国家試験対策テキスト
・年間6回の模擬試験
・毎日の補習
・26週間で520問覚えられる「マイチャレンジ20」
詳細は、ボタンをクリックしてご確認ください。

国家試験対策

4.開業に成功するノウハウを学ぶ

開業の手続きや税務、接遇やサービス、集客方法を教員・講師が指導します。
TEP(課外特別)でより詳しく学ぶこともできます。

5.科目履修免除

単位互換制度を使って正規授業(基礎・専門基礎)の一部の科目の履修免除が可能。
詳細は、ボタンをクリックしてご確認ください。

単位互換制度