お知らせ

2020.10.28【今日の学生生活】「モクサアフリカ」 

学生生活

本日、中庭を覗いてみたら、何やら和気あいあいと作業中!

本校では一昨年、学生有志が「モクサアフリカの集い」を開始しました
モクサアフリカとは、南米・アジアを中心に結核で苦しんでいる人々を助けるために作られた団体です。
結核をよくするワクチン治療もありますが、それには副作用がつきものでとても辛く、投薬をやめてしまう方も多くいるのが現状だそうです。
そこで活躍したのが「もぐさ」。もぐさを使って、簡単に治療を継続できるシンプルなセルフケアです。そこで使用するもぐさを寄付するために、引き続き学生の皆さんが活動しています。
今回は立ち上げた先輩がきていただいたそうで、とても楽しそうに行われていました。
そして、大浦校長もお手伝い!