トップ > 確かな技術を身につけたい方

確かな技術を身につけたい方

当校が考える鍼灸師の育成とは

本校では、以下のような「あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師」(以下「鍼灸師」)の育成を考えており、同時に、卒業時における学生の職業人(社会人)としての人間像も築き上げることを目指しています。

●患者さんにしっかり対応できる鍼灸師
 しっかりとは:医療人としての感性(品性)とプライド(品格)を併せ持ち、
        かつ、思いやりの心(恕)に裏付けられた態度を意味する。

 言い換えれば:真に患者さん中心の医療(PCM)を実践できる鍼灸師。

●臨床の基礎となる知識・技量について

臨床の基礎となる知識・技量
1.自営開業に進む者にあっては、初度操業に必要なレベル
 (当校卒業時の学術評価基準を満たすレベル)を体得している鍼灸師

2.医療機関(含む治療院)・組織の勤務を選択した者にあっては、
 一に、協調性(機関・組織のルール(規範)を遵奉し、指示に従う)に富み、
 二に、臨床の流れと自己の役割の認識を実践に生かすことができる鍼灸師
 (例:指導者(師匠)・先輩の診療活動の助手役や、補助役を円滑に務めることができる)

▲このページのトップへ戻る

当校独自の参加型臨床実習による感性の育成

本校では、実際の臨床に生かせる知識と技術を養うために、当校独自の参加型臨床実習を行います。

臨床で必要な医療者としての態度、言葉遣い、ならびに医療行為(医療面接、身体診察、診断、治療等)を実践的に理解体得するためとともに、それらを常に習慣化できることを目的にしています。
→ 詳しくは『当校のポイント>参加型臨床実習について』をご覧ください。

音声と映像

▲このページのトップへ戻る

卒業生が開業した治療院

本校では、創立者:柳谷素霊の教えを校是とし設定した一般教育目標や鍼灸師の人材育成像に沿ってシラバス(授業計画書)を作成していることから、結果として確かな技術を身につけた感性豊かな卒業生(医療人)を輩出しております。

鍼灸学校卒業後、国家資格取得後に独立開業し治療院を経営することはた易いものではありません。しかし、当校の卒業生は卒後もしくは卒業後2年以内で独立開業する方が多くみられます。
→ 詳しくは『進路・就職サポート>卒業生の治療院紹介』をご覧ください。

儀間達哉院長
はちみつブンブンしんきゅう院2

▲このページのトップへ戻る

bnr_cta 学校説明会 お申込み・詳細はこちら 資料請求 お申込み・詳細はこちら