トップ > 学園生活 > いぶきBLOG > 第1期卒業生 三浦勝男先生の治療院見学レポート

第1期卒業生 三浦勝男先生の治療院見学レポート

第1期卒業生 三浦勝男先生の治療院見学レポート

2012年7月1日の【特別講演『伝統の素霊流による今日の私』~学校に対する恩返し~経絡治療の神髄】でご講義いただいた三浦勝男先生が、ご厚意で当校在校生に治療院を見学させてくださいました。
診療時間中にも関わらず、11日間という長期に渡り、毎日3名の学生を受け入れてくださった三浦先生を始め、スタッフの方々に深く感謝申し上げます。
参加した学生らは、治療院での実際の職場環境を知ることで、治療現場への理解、またプロフェッショナルの技に直接触れることにより、自身の将来への心構えを新たにしたようです。

ここで、治療院見学に参加した学生からのレポートをご紹介します♪

『三浦治療院の見学をおえて』

 実際の臨床の現場を見学できるという事で、募集があった時にはすぐに希望をだしました。
 行ってみると駐車場もたくさんある大きな治療院で、想像していた感じよりもかなり大規模でした。ベッドも5台あり、診療時間が始まるとひっきりなしに患者さんがきて、三浦先生が手際よく治療していくという印象でした。

 どんな症状の患者さんにも全身調整の鍼を体全体にして、その後に患部へアプローチするという方法がとられていました。まず体全体への鍼ですが、かなり数が多い事もあり、管鍼法のスピードが求められます。三浦先生もそうでしたが、こちらの治療院で働いている先生方はみなさんすごくすばやく鍼をされていました。

 また、三浦先生の患者さんへの声かけは、いろいろと勉強になりました。何気ない会話の中に患者さんへの気遣いが感じられ、治るかどうか不安に感じている気持ちを汲み取った治療についての説明や、どのようによくなってきているかなどについてきちんとお話されていました。先生がおっしゃった「手当てする人と患者さんが一体になって治す事が大切。」という言葉が心に残りました。

 私は管鍼法があまり得意ではないのですが、そんなに早くできなくてもいいのではないかと心のどこかで甘えが今までありました。今回臨床の現場でスピードが求められているのを目の当たりにし、練習にのぞむ時に、もうちょっとがんばってみようという気持ちになれました。

 また先生がおっしゃっていた患者さんと一体になって治すという言葉を私も忘れずにいたいなあと思います。

 いろいろな気持ちの変化をもたらしてくれた見学会でした。このような機会を与えていただき、とてもよかったと思います。見学会開催に関わった学校の関係者の方々や、あたたかく迎え入れてくださった三浦治療院の方々に感謝しています。

鍼灸あん摩マッサージ指圧科昼間部3年  伊集院 陽子

三浦治療院

▲このページのトップへ戻る

bnr_cta 学校説明会 お申込み・詳細はこちら 資料請求 お申込み・詳細はこちら