• 資料請求
  • 校内見学申込
  • 体験入学
TEL
MENU

お知らせ

2018.12.17 Mon
12月6日(木)『女性鍼灸師と語ろう』を開催しました♪

12月6日(木)女性限定イベント“女性鍼灸師と語ろう”が
本校の卒業生の今を時めく3人の女性鍼灸師をお招きして開催されました。

主に鍼灸やマッサージに興味をお持ちの一般の方を対象としたイベントですが、
本校への入学希望者や既に来年4月から入学が決まっている方など
様々な女性たち30名ほどが集い、華やかな夕べとなりました。

竹内校長のご挨拶に始まり、種田学科長の3名の講師のご紹介に続き、
各講師の自己紹介とデモンストレーションが幕を開けました。

横山美樹先生(2008年卒)は、アイム鍼灸院院長として、また都内で数店舗を家族で経営し活躍されています。
東洋医学の良さを美容に生かしながら、ストレス社会の今を生きる女性の強い見方です。
ローラー鍼や皮内鍼等を巧みに用いた妙技を披露してくださいました。

次に乃木坂エルミタージュ鍼灸院院長の正木なつね先生(2011年卒)。
不妊で悩む女性を中心に婦人科治療を手がけるお灸のスペシャリストです。
肩こりの女性の冷えを足と手の穴を用いて台座灸で癒しました。


3番手の中野ひとみ先生(2009年卒)は、作業療法士の経験を生かしながら、
吉祥寺でひとみ治療院院長として活躍されています。
西洋医学的アプローチによるマッサージの手技、そして良い姿勢のアドバイスを伝授されました。

皆、15分という短いなか話術も見事で、参加者からの質問への回答にも説得力があり、
ご来場の皆様感心しきりでした。

会は座談会へと進み、3グループに分かれた参加者の各テーブルに
3人の講師と本校教員が15分交代で回りました。
参加者はお菓子やお茶を楽しみながら全講師と歓談ができ、講師も気軽に質問に答えながら
鍼灸やマッサージの素晴らしさを惜しみなく語ってくれました。
また、昼間部や夜間部で通った本校の学生時代のことや開業に関するノウハウまで、
さらに子育てと仕事の両立についてなど話しは尽きず、茶話会風女子会は今年も大盛況で幕を閉じました。

参加者からは、「治療家として大切なことがわかったような気がした。」
「仕事と子育てで進路を悩んでいたが、頑張れそうな気がした。」「目標を高く持つことの大切さを実感した。」
などの前向きな意見とともに、再開催の希望も多くありました。
この女子会で鍼灸の良さもさることながら、女性の生き方のひとつとして
鍼灸あん摩マッサージを知ってもらえたとしたら、これに勝る喜びはありません。感謝!
(専任教員:菊池)