治療方法について
  陰陽と五行(木・火・土・金・水)の考えを取り入れた鍼灸治療です。

東洋医学では、体中に「気」が巡っていると考えます。その気の流れる道を「経絡(けいらく:穴(ツボ)の並び)」と呼び、病はこの経絡を流れる気の乱れ・滞りから生ずると考えられています。また、自然界の全てを陰と陽に分ける陰陽論や、万物は全て、木・火・土・金・水の5つによって構成されるという五行論により、陰陽・五行のそれぞれの要素、相互のバランスを調整することが病を治す、防ぐと考えます。

本治療施設ではこれらの考えの下、日本伝統鍼灸の知識と技術をもって、それぞれの経絡の気の過不足、バランスを調節する様に施術をします。それにより人体が持つ「自然治癒力」を向上させ、自らの力で病を治癒へと導く手助けをするのです。

鍼(はり)治療とは

鍼といっても種類は様々ですが、現在私達が一般に使用する鍼は毫鍼(ごうしん)と言われるものです。 主に経穴(ツボ)にあたる部位に対し治療を施し、症状の改善に効果をあげます。鍼を刺すと言うと「痛い、恐い」というイメージがあるかもしれませんが、治療に用いる鍼は一般的には毛髪ほどの太さのものを使用し、習熟した技術によって刺鍼するため、ほとんど痛みはありません。また本治療施設では主にディスポーザブル(使い捨て)の鍼を使用し、器具・手指の消毒など衛生面にも十分な配慮を払っています。

管鍼法(かんしんぽう)

管鍼法(かんしんぽう)


鍼の長さよりもやや短い管に鍼を入れ、皮膚にあて、若干管から出た鍼の頭を指腹でトントンと叩いて刺鍼する方法です。痛みが少なく日本では主流の刺鍼法です。

円鍼(えんしん)

円鍼(えんしん)


女性やお子様・体質過敏の方など鍼の刺激が苦手な方に「擦る(こする)」ように刺激して使用します。刺さない鍼なので痛みはありません。

長鍼(ちょうしん) 〈長い鍼〉

長鍼(ちょうしん) 〈長い鍼〉


病には「深さ」があると東洋医学では考えます。深いところにある病は、普通の長さの鍼では届かないので長鍼にて治療を行います。主に坐骨神経痛に用いられます。

ほうき鍼(ほうきしん)

ほうき鍼(ほうきしん)


円鍼と同様、鍼の刺激が苦手な方に多く使用します。細い鍼がほうき上に束ねられており、1回の刺激で皮膚表面の広い範囲に刺激を与えられます。刺さない鍼なので痛みはありません。

灸(きゅう)治療とは

灸はヨモギを乾燥させた葉をつきつぶして得られたモグサというものをひねり、穴(ツボ)の上などで燃やすものです。

灸には皮膚にもぐさを直接据えるものから、ニンニクや生姜などの上から据えるものまで、多くの種類があります。灸もやはり「熱い」というイメージがあるかもしれませんが、直接皮膚に据えるものでも一般的には半米粒大くらいの大きさのため、瞬間的な熱感で心地よさを感じることも多くあります。また、皮膚に直接据えない灸は、心地良い温熱刺激が得られます。

東洋医学では冷えを病のひとつの原因と考えており、現代の生活で冷えがちな体(体内)を温め、様々な症状の緩和に効果をもたらします。

灸頭鍼(きゅうとうしん)

灸頭鍼(きゅうとうしん)


鍼の機械的刺激と灸の温熱刺激とを合わせた治療法です。冷えが強く下痢気味の方や冷えによる腰痛がある方に最適です。

塩灸(えんぎゅう)

塩灸(えんぎゅう)


皮膚ともぐさの間に「塩」を置いて、行う灸法です。塩の成分と灸の温熱刺激で灸をより効果的にします。

びわの葉灸(びわのはきゅう)

びわの葉灸(びわのはきゅう)


日本古来より伝わっている「伝統灸法」なるのもが幾つかあります。その中でも「びわの葉灸」が持つ効能と、灸が持つ温熱刺激を合わせた治療方法です。様々な疾患に用いられます。

 

あんま マッサージ 指圧治療とは

あん摩もマッサージも指圧も全て手指を使い治療をするという点でなんら違いはありません。しかし、あん摩は中国に起こりその後日本に渡来してきたもので、東洋医学の考えに基づき、穴(ツボ)や経脈を用いて施術をします。

マッサージはヨーロッパに起こり、その後、明治になって日本に伝えられたもので、穴(ツボ)や経脈などを対象とはせず、血液やリンパなどの循環系を基本に考えながら施術するものです。

指圧は古法あん摩や柔道の活法を合わせた一点圧を主体とした施術で、大正初期に体系化されました。
あん摩や指圧は体の中心から末梢に向かって遠心性の刺激を与えるのに対し、マッサージは身体の末梢から中心に向かって求心性の刺激を加えるのが原則です。

本治療施設ではそれらを組み合わせて、患者個々に適した刺激量を選択し、治療を行います。

マッサージ

マッサージ


体を擦り、揉み、叩きながら行う治療です。血行を良くし疲労を取り去り、筋肉の機能を高め神経の興奮を鎮める効果があります。美容のためにも人気があります。