鍼灸コラム

鍼灸師について

鍼灸師として開業するための手順!必要な資格や流れは?

2019.1.25

鍼灸師として働くだけであれば、はり師ときゅう師の国家資格さえ取得しているなら後は特に深く考える必要はないですが、開業したいなら話は変わってきます。開業資金を用意することももちろん大切ですが、それ以上に開業のために必要となる準備や流れ、必要な資格について知っておいたほうが良いものです。とりあえず鍼灸師として働きたいと考えている人も、せっかく手に職をつけるのなら開業も視野に入れた計画を立ててみることをおすすめします。そこで、鍼灸師として開業するために必要な情報をまとめてみました。

 

☆鍼灸師の独立開業に欠かせない!規定や届出の詳細

鍼灸師は、はり師やきゅう師の国家資格を取得さえしていれば、鍼灸院の開業が認められています。あとは開業資金の問題さえクリアできれば、いつでも開業が可能です。ただし、開業をするのなら、細かな規定を守り、届出をする必要があります。
まず規定についてですが、わかりやすい例で言うと、お店となる施設所の構造設備基準として、鍼灸院は6.6平方メートル以上になる広さの専用の施術室が必要であり、なおかつ3.3平方メートル以上になる待合室もなければならないといったルールがあります。このような細かな規定を守らない限りはお店を建てることができません。つまり、鍼灸院を開業するには、それなりの広さのお店が必要となるので覚えておきましょう。
また、鍼灸院を開業したら、その日から数えて10日以内にお店の所在地である都道府県知事まで届出をしなければなりません。届出に必要な項目として、開設者の氏名や住所を始め、開設年月日やお店の名称、業務の種類などを記載する必要があります。さらに、構造設備の概要や平面図に関する情報も届け出なければならないので、お店を持ちたいのなら、これらのルールを事前にきちんと把握しておきましょう。

 

☆開業や運営を順調に進めるために!持っておくべき資格は?

鍼灸師として開業や運営をする上では、はり師ときゅう師の資格さえあれば特になくても問題はないですが、開業をより有利に進めたいのであれば、他の資格も取得しておくことをおすすめします。鍼灸師が開業するのに役立つ資格といわれているのは、あん摩マッサージ指圧師の資格です。はり師ときゅう師に合わせてあん摩マッサージ指圧師の資格も持っておくと、三療師としての活動が可能になります。2つの資格だけなら鍼灸院としてしか開業できませんが、3つの資格があれば、鍼灸マッサージ治療院としての開業が可能ですから、仕事の幅が広がり、大きな強みになるのは確かです。
ほかの資格としては、柔道整復師という国家資格も取得しておくと、ねんざや打撲、脱臼などの治療も行えるようになります。柔道整復師ならスポーツによるケガで来院する人の対応も可能になりますから、鍼灸治療のみよりも明らかに客層を広げることができます。
このように仕事の可能性を広げ、開業するお店の安定性を考えるのであれば、資格を多く取得しておいたほうが良いでしょう。

 

☆開業資金はどれくらい必要?費用の目安

鍼灸院をはじめとした治療院の開業資金は、テナントを借りて最初からお店を作るとなると大体300万円から500万円程度は必要になります。テナントの広さや立地条件、不動産会社との交渉次第ではもっと安くすることもできなくはありませんが、相場として大体このくらいはかかるものと認識しておいたほうが良いでしょう。完全な独立開業の場合は、初年度の生活資金も用意しておくべきです。よほど前評判が良いということでもなければ、開業したてでいきなり食べていけるほどの収入は見込めません。運営資金が足りなくなってそのまま潰れてしまっては元も子もないので、予備金も兼ねた生活資金は必ず準備しておきましょう。
同じ開業でも、お店を持たずに往診専門として開業するという方法もあります。訪問型にしたり、車の中を利用したりする形式の営業にすれば、数百万円もするようなテナント代を支払わなくて済みます。少ない資金で少しでも早く開業をしたい、あるいはお店は不要と考えているのであれば、このような方法を取ってみるのも1つの手段です。

☆どんな手順で進めれば良い?開業するまでの流れ
開業するまでの流れですが、まず何よりも資金を作ることが必要不可欠です。往診専門にするのか、お店を建てるのかによってどれくらいの資金を用意すべきかが大きく異なりますが、資金調達や融資の計画はできる限り早い段階で計画を立てておいたほうが良いでしょう。開業を考えて勉強を始めるなら、できれば学生のうちから具体的な開業計画を立てておくのが望ましいです。
無事に卒業や資格取得ができれば、あとはいつでも開業が可能です。卒業して即開業するのが不安であれば、どこかの鍼灸院で勤務してある程度の修行を積んでから独立をしましょう。体力や時間に余裕が持てるようなら、即開業して、勤務と掛け持ちをするのも1つの方法です。実は鍼灸師として開業したい場合、修行期間はあまり長くないほうが良いといわれています。なぜなら、鍼灸院で勤務をするとなると施術に関われる機会が非常に少ないため、鍼治療の腕はどんどん落ちていってしまうためです。院長が施術しているのを横目で見ているだけでは、自分自身はいつまで経っても上達しないですし、実務経験があってこそ技術力は向上していくものです。だからこそ、できるだけ早い段階で開業手続きを行うことをおすすめします。

☆開業するための準備!いつから始めるのがベスト?

鍼灸師としてお店を開業するためには、事前の準備が必要不可欠ですよね。しかし、準備と言っても一体どれくらい前から始めておくのが良いものなのでしょうか。開業に必要だと思う期間について、アンケートを取ってみました。

 

【質問】
鍼灸師としてスムーズに開業するために、どれくらい前から具体的な開業準備や計画の立案を始めておくべきだと思いますか?

【回答結果】
3ヶ月前:1
半年前:8
1年前:34
2年前:22
3年以上前:35

調査地域:全国
調査対象:【年齢】20 – 29 30 – 39 40 – 49
調査期間:2017年06月06日~2017年06月09日
有効回答数:100サンプル

★3年以上前から!?お金のことを考えると必要
なんと、最も多かった回答は100人中35人が答えた「3年以上前」でした。

・それくらい前からきっちりと計画を立て、銀行などとも折衝して具体的に勧めていかなければならないのでは、と思います。(40代/女性/専業主婦(主夫))
・開業するなら場所探しからやらないとだめだから、お金もいりますしね(30代/男性/正社員)
・貯金や土地選び、修行の期間などを考えると、3年以上は必要だと思う。(20代/女性/無職)

大体の方は、開業のための資金のことを考えると相応の準備期間として3年以上の歳月が必要だと考えるようです。また、修行期間や土地の選定などといった回答もありましたし、お金以外の準備にも時間は必要だと言えそうです。次いで多かったのは100人中34人という僅差の回答があった「1年前」でした。

・物件探しや器具の購入、役所への手続きなどを考えれば最低1年は必要だと思います。(40代/男性/正社員)
・事業を始めるなら最低でも1年前には事業計画が出来ていないと見切り発車になりそう。(30代/男性/個人事業主・フリーランス)
・顧客をつかむなど、たくさんの事前準備が必要です。(30代/男性/個人事業主・フリーランス)

事前準備として、物件探しや顧客の確保など、やるべきことに注力する期間として1年は必要だと考える傾向にあるようですね。また、最低でも1年間と答えている人も多く、最低限必要な期間を基準に考えていることもわかりました。

アンケートの結果、最も多かったのは3年以上前から準備すべき、次いで多かったのは1年前からという意見でした。いずれも時間に余裕を持ったうえで計画的に行動を起こすべきという主張が目立っているようです。

☆まとめ

資格は、はり師ときゅう師があれば十分であるものの、有利にお店の経営をしたいのなら、ほかの資格も取っておくべきであるのは確かです。また、自分のお店を持つ上では、開業におけるルールや事前に必要となる準備についても把握しておくべきだと言えます。スムーズな開業をするため、そして何よりもビジネスを成功させるために、早い段階から計画を立てて、具体的な行動を起こしてみてはいかがでしょうか?

関連記事:「鍼灸師になるための資格の種類や取得方法は?」

鍼灸・あんまの学校 針灸教育の名門 東洋鍼灸専門学校についてはこちら

  • 参考になった (6)
 
卒業後即(もしくは半年以内)開業するケースは本校では2,3割です。
店舗型鍼灸院、自宅改装型鍼灸院、
出張型といろいろな開業のケールがあります。
国家試験合格後の登録や開業への申請等、
事務作業も比較的ありますので、ご家族や友人などに
サポートしていただくと良いでしょう。
また、開業資金+生活資金(200万円以上)が必要と言われています。
鍼灸院開業して半年から1年は集客が難しいと言われており
患者さんが自分の鍼灸院につくまでの間、
働かなくても食べていけるお金という意味です。
(どんな仕事でもそうですが・・・)
卒業後1年間も生活資金も含めた資金計画を立てて、
また学校で何を学べるかを考えた上で進学先を検討しましょう。

東洋鍼灸専門学校 学科長補佐

松田 直哉(まつだ なおや

役に立ったらシェアお願いします!
学校見学会のお申込みはこちら

この記事が気に入ったら
いいね!しよう