鍼灸コラム

鍼灸について

鍼灸は不妊治療に良いの?効果や治療方法情報

2017.7.3

鍼灸治療は肩こりや腰痛を始めとした身体の筋肉の痛みに作用するものというイメージが強いかもしれません。しかし、効果を発揮する分野の1つとして、不妊治療も挙げられます。産婦人科で医師の判断の元で不妊治療をしたり、妊活をしたりするのが一般的ですから、効果があるとは実感しにくいかもしれません。では、なぜ鍼灸が不妊治療に効果があるといわれているのか、具体的な治療方法や効果の現れ方はどうなっているのかを見ていきましょう。

☆不妊になるのはどうして?考えられる原因は?

不妊症になる原因は数多くありますが、主な原因と言われているのは、排卵因子と卵管因子、男性不因子の3つです。要するに、女性の排卵障害が起こっていたり、男性の造精機能に障害があったりするなどの症状を指します。このようなケースがあると、受精がスムーズにできずに妊娠できないという問題が発生します。
こういった症状が起こるのは体質の問題もありますが、普段の生活や食生活による影響が大きいです。乱れた生活習慣やストレスを抱える生活といった環境下で過ごしていると、身体の神経系や内分泌系の制御が上手くできなくなっていきます。これにより、中枢神経やホルモンの働きも悪くなるため、妊娠がしづらくなってしまうのです。
身体全体のバランスが崩れてしまっている場合は、西洋医学よりも東洋医学のほうが効果を発揮すると考えられていますから、鍼灸による治療は有効的だと言えます。ツボへの刺激によってバランスを整えることで、結果的に妊娠しやすい身体づくりも可能になります。

 

☆鍼灸の不妊治療効果はどの程度?期待値はどのくらい?

不妊治療には鍼灸が良いという話はどれくらいの人が耳にしているものなのでしょうか。実際にどれだけの人が効果に期待しているのかも気になりますよね。鍼灸による不妊治療の効果はあると思うかについて訊ねてみました。

【質問】
鍼灸施術による不妊治療の効果は高いと思いますか?

【回答結果】
思う:34
思わない:66

調査地域:全国
調査対象:【性別】女性 【年齢】20 – 29 30 – 39 40 – 49
調査期間:2017年06月06日~2017年06月09日
有効回答数:100サンプル

★鍼灸だけでは無理?思わない人が過半数
効果が高いと思わないという人が過半数を占める結果となりました。

・鍼灸だけで不妊治療が出来るとは到底思えません。何かと併用するなりしたらいいのではないかと思う。(40代/女性/無職)
・血液の流れなどはよくなりそうだし、体にはいいとは思うが、それと不妊が直接結びついているとは思えないので。(40代/女性/専業主婦(主夫))
・産婦人科でみてもらった方が的確だと思います。(20代/女性/正社員)

鍼灸だけでは不妊治療にならないと考える人が多いようですね。産婦人科で診てもらうほうが良いという意見もありますし、鍼灸では不妊治療は不可能だと考える人も少なくないかもしれません。ただ、身体に良いものという認識があるのも確かなようです。一方で、効果が高いと感じているのは全体の約3割という結果です。

・長年、不妊治療で悩んでいた夫婦が、夫婦ともに鍼治療を始めたら、すぐに子宝に恵まれたので。(40代/女性/正社員)
・詳しいことはわからないが、「冷え」も不妊原因のひとつになると耳にしたことがあります。鍼灸施術は、施術箇所周辺をじんわりと温めてくれるので、それが冷えの改善につながって不妊原因の解消につながるのではないかと思います。(30代/女性/パート・アルバイト)
・体質改善が期待できる方法なので、効果は高いと思います。(20代/女性/無職)

実際に不妊治療を受け、効果があった人が周囲にいたというケースが目立っていましたし、周りに実感している人がいれば、効果の高さに頷けるものなのかもしれません。また、冷えに効く、体質改善ができるといったことから、不妊治療にも繋がるものというイメージがあるようです。

鍼灸治療だけでは効果はないという意見が多かったものの、効果の高さをはっきりと感じている人も少なくないという結果でした。身体に良いという実感がある人や実際に妊娠できた人もいるようですし、不妊治療をしている人は手段の1つとして鍼灸治療を取り入れてみる価値はあるかもしれません。

 

☆鍼灸は不妊に効果あり?期待できるものは?

鍼灸をすると、まず自律神経の乱れや血流の改善に役立てることができます。まず、自立神経が整うことでホルモンバランスが改善されていきます。さらに血流の改善によってお腹周りや骨盤周りの冷えも同じく改善されていくでしょう。さらに、ホルモンバランスの乱れが改善されることによって、子宮や卵巣の活動しやすい環境が整っていきます。鍼灸治療を受ければ、このように妊娠しやすい身体に必要となる条件を満たしていくことが可能です。
世界保健機関(WHO)がはっきりと不妊症治療になると公言しているわけではありませんが、生理不順や性機能障害などの改善効果があることは認めています。有効性のある疾患の中には、不妊の原因に関連しているものも多いですから、それだけ不妊治療としての効果への期待も高いと言えるでしょう。鍼灸治療はリラックス効果やストレス解消効果もありますから、精神的な問題でホルモンバランスが乱れてしまっている人にもぴったりの治療法です。

 

☆不妊治療のために!鍼灸の方法は?

鍼灸は鍼やお灸を使った治療を専門の施設で受けるのが一般的です。まずは診察のときに自分の身体の状態を伝えたり、実際に状態や体質を確認してもらったりします。このときに不妊治療をしたい旨をはっきりと伝えましょう。最初の診察を終えたら、後は鍼やお灸で効果的なツボや患部に刺激を加えていきます。通う頻度としては週に1回程度、期間は不妊症の症状の重さにもよりますが、3ヶ月から半年程度が良いでしょう。
鍼灸院の場合は鍼とお灸を組み合わせて使用しますが、場所によってはお灸による治療はせず、鍼だけで対応しているところもあります。鍼とお灸では治療の方法やメカニズムが異なるものですから、どちらのほうが効果はあるとは一概には言い切れません。そのため、鍼とお灸両方の効果を実感できるよう、できるだけどちらも組み合わせた治療を施してくれる鍼灸院をおすすめします。

■基礎体温表は撮影用にデザインした架空の小道具です。■体温記録はイメージです。

 

☆正しい施術を受けるのが大切!知っておくべき注意点とは

既に病院で不妊治療を受けている、あるいは婦人科に通っているという場合は、かかりつけの医師に鍼灸治療を受けても問題はないかどうかを必ず確認してください。鍼灸はたしかに不妊症に効果的とされていますが、不妊の原因や体調、体質などによっては受診すべきではないと判断されるケースもあります。医師に鍼灸治療を受けても問題ないと判断されたとしても、新たに訪れた鍼灸院で診察を受ける際、病院で不妊治療を受けている旨を伝えるようにしましょう。
また、最も注意しなければならないのが鍼灸院の選び方です。不妊治療に効果があるとされているとはいえ、不妊治療を専門としているところ、あるいは対応しているところは一部のみになります。施術者である鍼灸師が不妊治療に対してどれだけ理解しているのかによって、治療の効果は大きく差が出ると言っても過言ではありません。確実な不妊症の改善を考えるのであれば、親身になってくれる丁寧な鍼灸師の元で治療を受けましょう。

 

☆まとめ

鍼灸治療によって血行を良くし、ホルモンバランスを改善していくことで、子宮や卵巣の活動や冷えなどといった不妊症の原因を取り除けます。不妊治療を専門としているところ、あるいは不妊治療に詳しいところを選ぶことが重要ですが、不妊症改善のためにしっかりと意思疎通ができる相性の良い鍼灸師の元であれば、鍼灸治療の効果をしっかりと不妊症に活かせるでしょう。不妊症に悩んでいるのであれば、鍼灸治療を受けることを検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事:「鍼灸とはどんな効果が期待できる?」

鍼灸・あんまの学校 針灸教育の名門 東洋鍼灸専門学校についてはこちら

  • 参考になった (5)
 
役に立ったらシェアお願いします!
だから安心鍼灸師

この記事が気に入ったら
いいね!しよう