鍼灸コラム

鍼灸師について
鍼灸師の年収|基礎知識から給料アップの方法までまとめて解説

鍼灸師の年収|基礎知識から給料アップの方法までまとめて解説

2019.7.29

これから鍼灸師として働こうと考えている方や、最近鍼灸師として働き始めた人にとって、「年収」は自分のライフプランやキャリアを設計していく上で、関心の高い事柄ではないでしょうか。

この記事では鍼灸師の年収額や、すでに鍼灸師として働いている方が年収をアップさせる方法について紹介します。

鍼灸師(しんきゅうし)とは

鍼灸師とは、鍼(はり)や灸(きゅう)を使って体のツボを刺激することで、病気の治療や予防、健康回復を行う職業です。
近年は、スポーツ選手の治療や美容にも、鍼灸の要素が取り入れられるようになっています。

鍼灸師になるには、国家資格が必要です
国家試験を受験するためには、以下のいずれかの学校で、必要なカリキュラムを修めて卒業していることが要件となります。

  • 鍼灸系専門学校
  • 鍼灸学科のある4年制大学、または3年制短大

ただし「鍼灸師」という資格があるわけではないため注意してください。
「はり師」と「きゅう師」は別々の資格です。
そのため、「鍼灸師」と名乗る場合は、両方の資格試験に合格する必要があります。

鍼灸師の主な勤務先

近年は「はり師」や「きゅう師」の需要が高まっています。
資格取得後は、鍼灸治療院や整形外科だけでなく、あらゆる分野に活躍の場が広がっています。

鍼灸師の主な勤務先は、以下のとおりです。

  • 鍼灸治療院
  • 女性向け鍼灸院(婦人科系疾患の治療を行う鍼灸院)
  • 整骨院
  • 整形外科クリニック
  • 病院
  • 診療所
  • マッサージ院
  • 美容鍼灸サロンやエステサロン
  • スポーツ施設
  • 介護福祉施設

鍼灸師の年収

鍼灸師の平均年収は約362万円です。
年収額の分布で一番多い年収額は、349〜402万円の層です。
ただし全体の幅は297〜719万円と広域であるため、勤務先や求人条件によって年収額が大きく異なります。

また、報酬・給与の平均月額は20万円です。
報酬・給与月額の分布で一番多い報酬額は、20万円以上25万円未満の層です。
年齢別でみると、25〜29歳と30〜35歳が平均月額のピークで、21.9万円となっています。ただし、働き方や歩合制の有無によっても月額収入は変わります。

勤務医の場合と開業医の場合の比較

鍼灸師は、国家資格が必要な医療系の仕事において、医師や歯科医師のように独立開業できる数少ない職業のひとつです。
同じ鍼灸師という仕事でも、勤務鍼灸師か開業鍼灸師によって収入額が変わります。
開業と勤務の報酬・給与の平均月額は、それぞれ以下のとおりです。

報酬・給与の平均月額
開業鍼灸師 20.3万円
勤務鍼灸師 19.8万円

勤務の場合、一般的には「固定給」となっていますが、一部では患者さんからの指名が給料額に反映される「歩合制」を導入している職場もあります。また、キャリアやスキルによっては、管理や責任者としての手当がつき、勤務でも平均以上に稼ぐことも可能です。

治療業界の他職種との比較

鍼灸師が働く治療業界には、整体師や柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師など、他にもさまざまな職種が存在します。以下は、鍼灸師とその他職種の平均給料・平均年収の比較です。

職種 給与の平均月額 平均年収
鍼灸師 15~27万円 250~400万円
あん摩マッサージ指圧師 15~30万円 300~400万円
整体師 15~25万円 200~350万円
柔道整復師 20~35万円 300~700万円

鍼灸師として年収をアップする方法

ここまで鍼灸師の給料や年収について説明してきましたが、医療に携わる職種のわりに、あまり金額が高くないと感じた方もいることでしょう。
しかし鍼灸師は、働き方や能力によって、収入が変動する職種です。
ここからは、鍼灸師としての年収をアップするための方法を解説します。

資格の取得

治療業界で使える他の資格を併せて持っていると、より多くの患者さんのニーズに応えられるようになるため、一般的には収入がアップします。

あん摩マッサージ、鍼、お灸、柔道整復の4つの施術に対応した施術所を開設している人の平均月収は37.1万円です。
鍼、お灸、柔道整復の3つの施術に対応した施術所を開設している人の平均月収は31.3万円です。

独立開業する場合は、ひとつの治療法に特化したものではなく、包括的な施術を提供できる施術所を開設するとより収入がアップする可能性が高いです。

以下は、併せて取得しておくことで収入のアップが期待できる資格の一部となります。

  • 柔道整復師(国家資格)
  • あん摩マッサージ指圧師(国家資格)
  • 整体師(民間資格、医療行為ではない)
  • カイロプラクター(民間資格、医療行為ではない)

働き方の見直し

鍼灸師が収入をアップさせるためには、働き方を見直すという方法もあります。
一般的には、勤務医として働く他に、次のような選択肢があります。

▼独立開業する
勤務鍼灸師として働きながら、独立開業を目指している人は多いです。
なぜなら、独立開業し成功した場合は、年収700万円以上を達成することも可能であるからです。
さらに、技術力や経営能力が高ければ、年収1,000万円以上を手にする人も存在します。
ただし、資格取得後すぐに開業する人は少なく、治療院などに勤めて経験やスキルを高め、経営ノウハウを学んだ上で独立するのが一般的です。
最低限の開業資金や毎月の経費が必要であり、経営にはリスクも伴うことを認識した上で決断しましょう。

▼チェーン店の院長・店長になる
経営に伴うリスクを抑えつつ収入アップを目指したい場合は、チェーン店の院長や店長になるという選択肢もあります。
チェーン店の看板があれば安定した収入基盤が見込め、開業するより充実した福利厚生も受けられるでしょう。
収入額は、一般スタッフとして勤務する場合に比べ2倍以上になる可能性が高く、最大で月収50万円も目指せる立ち位置です。
はじめから店長になることは難しいため、誠実な姿勢で勤務を続け、知識や経験を積んでおきましょう。

▼プロスポーツチームの専属トレーナーになる
「スポーツトレーナー」という国家資格はないため、実際にはケガへの対処法や健康回復の専門知識がある、鍼灸師や柔道整復師、理学療法士などがスポーツチームの専属トレーナーとして活躍しています。
プロチームの専属スポーツトレーナーになれば、年収500〜1,000万円を目指すことも可能です。
包括的な知識を持つだけでなく、チームをサポートするのに足る信頼できる人間性・人柄も重要な要素になってきます。

時代ニーズに合わせた技術の取得

収入アップを目指すのであれば、時代のニーズに合わせた技術の取得も効果的です。
現在の社会や治療業界を取り巻く状況を正確に把握し、数年先を見据えたキャリアプランを立てましょう。
今後ニーズが高まると考えられる技術分野は、以下のとおりです。

▼介護関連
高齢化が進む日本において、高齢者向けの鍼灸による施術やマッサージの技術・知識は今後ますます需要が高まっていくでしょう。
開業する際は、自宅から出られない高齢者のための訪問施術も視野に入れておくことをおすすめします。

▼美容関連
効果が比較的すぐに表れ、長持ちしやすい美容鍼灸も人気のある分野です。
メディアや著名人の発信により注目を集めています。
今後より一般的になることも考えられるため、女性向けのビジネス経営や接客に力を入れてみることもいいでしょう。

鍼灸師に向いている人の特徴

鍼灸師には、鍼や灸に関する知識や技術だけでなく、患者さんとうまく接する能力も求められます。
鍼灸師に向いている人の特徴は、以下のとおりです。

  • コミュニケーション能力が高い
  • 集中力がある
  • 洞察力が高い
  • 1日に何人もの施術を行う体力がある
  • 手先が器用で几帳面
  • 人の病気を治したい、健康を回復させたいという気持ちがある
  • 清潔感がある
  • 信頼してもらえる人柄
  • 継続的に学習する意欲がある

もちろん、初めからすべての項目が完璧に当てはまるという人は少ないはずです。
資格の勉強や日々の施術の中で成長を続け、より能力の高い鍼灸師を目指していきましょう。

まとめ

患者さんの痛みを和らげることのできる鍼灸師は、技術力の向上や働き方次第で、収入アップを目指せる職種です。
人の手で施術を行うため、将来ロボットや人工知能に代替される可能性も低い仕事といえます。

どのような人のために、どのような場所で働き、いくら稼げるようになりたいのかをイメーシしながら、自分の目標に沿ったキャリアプランを設計していきましょう。

  • 参考になった (1)
 
本校卒業後のケースは、15%程度が卒業後国家試験合格を待ってすぐに開業。
70%がいったん就職(正社員orアルバイト)、
残りの15%は家事・育児をしながらアルバイト、学生時代の他職種勤務となります。
20台、30代の方はいったん就職し、ノウハウを得て数年後に開業するケースもあります。
年収UPしている方はダブルワークや美容、
不妊治療の分野で活躍している方が多いようです。
本校では卒業後も就職相談室担当職員や教員が転職や開業をサポートしていますので、
ご安心ください。

2学年主任教員

瀧口 定広(たきぐち さだひろ)

役に立ったらシェアお願いします!
学校見学会のお申込みはこちら
鍼灸師の年収|基礎知識から給料アップの方法までまとめて解説

この記事が気に入ったら
いいね!しよう