鍼灸コラム

鍼灸について

鍼灸治療は肩こりだけじゃない!針による効果いろいろ

2017.11.24

鍼灸治療といえば、主に肩こりを治すものというイメージが強いかもしれません。しかし、針を使った治療は肩の治療以外にも効果を見込めます。鍼治療とはそもそもどういった治療なのか、一般的な効果としてはどんなものがあるのかなどについては実は知らないという人も少なくないのでは?そこで、針治療は一体どのような目的で行われるものなのか、針による体内への作用や効果にはどんなものがあるのかを解説していきましょう。

 

☆鍼治療を行うそもそもの目的から考えよう

鍼灸治療の1つである鍼治療。そもそもこの鍼治療はどのような目的で行われているのかというと、気や血、水のバランスを整えることだとされています。つまり、気の流れと血水の巡りを改善するのが主な目的です。さらに具体的に述べるなら、自立神経バランスを整え、血行促進を図ることだと言えるでしょう。精神的なバランスと身体のバランスが整うことにより、身体のあらゆる部分の不調が治るという考え方です。コリを始めとした身体の不調な部分を改善し、未病を防ぐのに役立つと言われています。未病として挙げられるのは肩コリだけではなく、ほかにもたくさんあります。たとえば、手足の冷えや疲労の蓄積、食欲不振、睡眠障害など、生活のなかで感じる身体の不調をすべてと言っても過言ではないほどに鍼治療で改善していくことが可能です。
実際にどれくらいの効果が得られるものなのかは、通院頻度や施術者の技量、患者の症状や体質などのさまざまな状況によりけりですが、きちんと通うことで一定の効果を見込めるのは確かだと言えます。心身の健康を促進させるのに役立ちますし、鍼治療を通して身体と精神のバランスを整えることを意識してみてください。

 

☆効果があるのはなぜ?鍼治療が及ぼす身体への作用

鍼治療がどのように身体への影響を及ぼすのかというと、主な作用としては3つ挙げられます。1つ目は自立神経バランスを整えることです。自立神経が整うことでメンタルバランスが安定しますし、生活リズムが整い、睡眠障害が改善されます。2つ目は痛みを抑制するホルモンが分泌されることです。痛みの抑制ホルモンであるエンドルフィンやセロトニンが分泌されることで、腰痛や頭痛、ケガなどの痛みを改善するのに役立ちます。そして3つ目の作用は血行がよくなることです。血行が改善されることによって、冷えが改善されますし、代謝アップにも繋がります。血液がスムーズに循環されることで新陳代謝がよくなりますし、老廃物が除去されれば疲労回復もしやすくなるでしょう。エネルギー消費量が増えるので、上手くすればダイエットやアンチエイジングに繋がる場合もあると言えます。
このように、引き起こされる作用による影響でさまざまないい効果を発揮するのが鍼治療の大きな魅力です。さまざまな相乗効果によって身体の不調を改善することで、心身ともに健康的になれるのはもちろん、健康の維持にも役立ちます。

 

☆WHOも認めている!鍼治療における効果いろいろ

針を使用した治療は、そのメカニズムが複雑に感じてしまうこともあり、信憑性に欠けると思ってしまう人も珍しくはないものですが、WHO(世界保健機構)によってその効果が認められています。正確には、鍼灸治療に適しているとされる病気や身体の症状がWHOによって公表されているのです。代表的な病気や症状はさまざまですが、例を挙げると関節炎や喘息、バセドウ病などがあります。病気ではないものの、身体の不調を訴えるような症状としては頭痛や動悸、喘息などがあります。運動器系疾患や神経系疾患だけではなく、婦人科に関するものや小児科に関するものまで、幅広い分野で鍼治療の効果があるといわれています。
日本を始めとした先進国の病院で広まっている治療方法は主に西洋医学に基づいたものですから、マッサージのような東洋医学はあまり公的に認められないものなのです。それにも関わらず、鍼灸治療に関してはWHOにきちんと認められているというのが大きなポイントです。東洋医学なのに公的な機関に効果が認められているということは、数ある東洋医学のなかでも高い効果があるものだと言っても過言ではないでしょう。

 

☆こんな症状を治したい!鍼治療に求める効果とは?

針の治療には数多くの効果が見込めることは先述しましたが、具体的にはどのような症状が期待されるものなのかは気になる部分ではないでしょうか?そこで、鍼治療に求める効果は何なのかについてアンケートを実施しました。

 

★主にコリの解消がしたいもの?

・腰痛や肩こりの解消。マッサージや整体では効果がなかったので。(30代/男性/パート・アルバイト)
・肩こり、頭痛などの症状を和らげたいです。(50代/女性/個人事業主・フリーランス)
・肩こり・眼精疲労を解消してほしいです。つらいです。(20代/女性/正社員)
・血流の促進とコリの解消。そのための治療法だと思う。(40代/男性/正社員)
・ストレスを解消して自律神経を整えてくれる効果を求めます。肩こりなどは鍼治療以外でも方法はありますが、鍼治療には他の方法では得られない効果を期待するからです。(40代/女性/専業主婦(主夫))
・ダイエット効果です。最近お腹に脂肪が付いてきたので。(20代/男性/パート・アルバイト)

【質問】
鍼治療をするならどのような効果を求めますか?

【回答結果】
フリー回答

調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2017年09月13日~2017年09月20日
有効回答数:100サンプル

鍼治療の効果として主に期待されているのは、肩こりや腰痛を始めとした、コリに関する症状であることがうかがえます。それだけ多くの人が悩まされている症状なのかもしれませんが、効果があるからこそ期待している部分はあると言えそうです。ほかには、眼精疲労や血行促進、自律神経を整えるなど、身体の不調に関する効果に期待している声が多くなっていました。一部の意見としてダイエット効果という回答もあり、求める効果は治療に限らないこともはっきりとしましたね。

 

☆まとめ

針を使った治療は単純にコリをほぐすだけではなく、非常に数多くの治療効果があるのは確かです。自立神経バランスを整えることや痛みの抑制ホルモンの分泌、血行促進といった主な作用による相乗効果で未病を防ぐことができるという時点で絶大な効果があると言えます。しかし、WHOにも認められている東洋医学の技術という一面も持ち合わせていますから、非常に効果が高いのは確かです。鍼灸治療を受ける際には具体的にどのような効果を期待できるのかについて意識してみてください。
関連記事:「鍼灸治療には必要不可欠!施術に役立つ針の知識を徹底紹介!」

鍼灸・あんまの学校 針灸教育の名門 東洋鍼灸専門学校についてはこちら

  • 参考になった (3)
 
役に立ったらシェアお願いします!
だから安心鍼灸師

この記事が気に入ったら
いいね!しよう