鍼灸コラム

コラム(症状別・豆知識)

つらい肩こりに悩む人必見!鍼に期待できる治療効果とは?

2018.10.22

肩こりは「国民病」と呼ばれることもあるほど日本人にはなじみの深い症状です。慢性的につらい肩こりに悩まされている人は多く、その内訳は男女を問いません。放っておくと症状が次第にひどくなり、腕が上がらなくなったり頭が痛くなったりすることもあるため、できるだけ早めに対処するようにしましょう。つらい肩こりの対処法として鍼治療が効果的だということをご存知でしょうか?ここでは鍼の肩こりに対する効果について解説します。

☆肩こりはどうして起こるの?

肩こりとは肩周辺の筋肉が疲労している状態を言います。肩こりが起こる根本的な原因は人間が直立して生活していることにあります。細い首で体重の1割から2割もの重さがある頭を支え、両肩から先には重い腕が1本ずつ付いています。頭や腕が付いているだけでも重力によって負担がかかるうえに、デスクワークなどの作業をするときは重心が前後にずれ、その分だけ肩周囲の筋肉にかかる負担が大きくなります。筋肉は長時間負荷を受け続けると乳酸という疲労物質が溜まり硬くなります。この硬くなっている部分がコリといわれるものです。コリによって血管が圧迫されると血流が悪くなり、神経が圧迫されると脳に痛みや不快な感覚が伝わります。コリが軽いうちであればマッサージなど表面からのアプローチでもほぐすことができますが、血行が悪い状態が続き慢性化してしまうと、筋肉の奥のほうまで硬くなってしまうため、表面を揉みほぐすだけではコリがうまく取れなくなってしまいます。その点、鍼は深い位置にあるコリに直接働きかけることができるため、重症化した肩こりにも有効な治療法と言えます。鍼を刺すことによって細胞に細かい傷がつくため、傷を治そうとする自然治癒力が引き出され、周囲の血流が良くなります。

 

☆肩こりさんがつらいとき受けたいのはどの方法?

肩こりのメカニズムがわかったところで、一般的にどんな方法で肩こりを解消しているかを調べてみました。

【質問】
肩こりが本当につらいとき、受けるならどれを選びますか?

【回答結果】
マッサージ : 207
鍼 : 34
お灸 : 16

調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2017年08月21日~2017年08月28日
有効回答数:257サンプル

 

★マッサージを受ける人が約8割

今回のアンケートでは、肩こりがつらいときにはマッサージを受けるという人が全体の約8割にも及びました。

・マッサージが一番気楽に受けられる。近所に店があるから。マッサージを受けてだめなら鍼やお灸を考える。(40代/無職/男性)
・鍼やお灸はやったことがないし、痛かったり熱かったりしそうなので怖いから。(30代/個人事業主・フリーランス/女性)

マッサージを選んだ人には、プロのマッサージ師の手によるものだけでなく、家庭のマッサージ機や家族にしてもらうマッサージを想定している人も含まれています。しかも、鍼やお灸を受けたことが無いため、馴染みのあるマッサージを選んだという意見も目立ちました。気軽に立ち寄りやすい場所に店が多く、効き目を試しやすいという点がマッサージの魅力のようです。次に多かったのは鍼を選んだ人です。

・鍼が一番効果を感じたので。国家試験に受かった人だけが鍼医になれるのも、信頼できます。(40代/パート・アルバイト/女性)
・昔知り合いの紹介で鍼を受けたことがあるのですが、突然上がらなくなった腕が嘘のように上がるようになったことがあり、それから本当につらいときは鍼を受けるようにしているからです。(20代/正社員/女性)

鍼を選んだ人は、治療を受けた経験から選んでいる人がほとんどでした。実際につらい肩こりが鍼治療で緩和されたという人が少なくないことがわかります。最後に最も選んだ人が少なかったお灸に関するコメントです。

・肩こりでマッサージを受けましたが揉み返しが強く困りました。お灸は揉み返しがなくゆっくり楽になれます。(20代/専業主婦(主夫)/女性)
・手軽に自分ですることができるので、お灸がいい。効果もそれなりにある。(30代/学生/女性)

お灸を選んだ人には、鍼灸院などで受けるお灸だけでなく、自宅で行うお灸を想定している人もいるようです。お灸も実際に受けてみて効き目を実感したから選んだというコメントが目立ちました。

今回のアンケートでは、マッサージを選んだ人が圧倒的多数でしたが、マッサージが効かなかったら鍼を受けるという意見も多く見られたことから、肩こりがつらいときには鍼治療を選ぶという人は今回の回答数以上に多いことがうかがえます。では、引き続き肩こりの鍼治療について詳しく見ていきましょう。

 

☆肩こり治療の鍼はどこに打つの?

肩こりの治療の際に鍼を打つ箇所は、基本的に筋肉のコリができている部分です。しびれなどの症状を伴う際には神経を狙って打つこともありますが、肩こりの治療として鍼を刺すのはほとんどが筋肉です。鍼治療を受けたことが無い人の多くは、鍼を注射針のイメージで捉えていることが多く、血管に刺さって出血することがあるのではないかと心配するようですが、血管は弾力があるため鍼は簡単には刺さりません。鍼灸師も血管を避けて鍼を刺していきますから心配は要りません。乳酸が溜まって硬くなっている部分を狙って鍼を刺すのは、コリの部分に微細な傷を付けるためです。人間には自然治癒力があるため、細胞に傷がつくと、その部分を回復させようと優先的に大量の血液が集まってきます。自然な血流を促すことによって肩こりを回復させようというのが肩こりに対する鍼治療のアプローチです。また、コリができていない部分に鍼を打って肩こりの治療をするのがツボに鍼を打つパターンです。目の疲れが原因になっている場合や、頭痛を伴っている場合など、一口に肩こりと言っても原因や症状はさまざまです。直接コリをほぐすだけでなく、原因や付随する症状の緩和のために対応するツボに鍼を刺す治療も行います。

 

☆鍼治療って本当に痛くないの?

鍼治療が痛いか痛くないかということについては、ポイントとなる部分がいくつかあります。ひとつは鍼の太さです。鍼灸師によってあるいは治療内容によって細い鍼が使われる場合と太い鍼が使われる場合があります。太い細いと言っても鍼ですから太くても約0.20~0.44mmとかなり細いのですが、細い鍼はさらに細く約0.12mmです。髪の毛の太さが約0.15mm、採血用の注射針の太さが0.80mmですから、鍼治療の鍼がどれほど細いかわかるでしょう。太い鍼も細い鍼も鍼治療の鍼は全体的に細いのですが、なかでも髪の毛よりも細い鍼を使った場合には痛みはほとんど感じられません。もちろん、鍼を刺す深さや部位によっても、鍼の刺激を痛いと感じるか気持ちよいと感じるかが違ってきます。鍼灸師の治療方針によっても使う鍼の太さや刺す数、位置などが微妙に異なるため、その点による違いも考慮する必要があります。また、痛みの感じ方は個人差があり、同じ治療を行った場合でも痛いと感じる人と気持ちよいと感じる人がいます。鍼治療は、基本的に痛みはそれほど強くないと考えて問題ありませんが、痛みが不安な場合には、最初に鍼灸師に相談してみることが大事です。できるだけ痛くないように鍼の太さや刺す深さなどを工夫してもらえるはずです。

 

☆まとめ

マッサージでは解消されないしつこい肩こりは、筋肉の深いところにできたコリが原因です。深いところにできたコリは鍼治療でなければ対処できません。鍼治療は受けたことがない人ほど痛みを心配する傾向がありますが、実際に受けてみたら想像していたよりも痛くなかったという声がたくさん聞かれます。思い切って受けてみたら肩こりのつらさが嘘のように治まるかもしれません。つらい肩こりに悩んでいるなら鍼治療を試してみてはいかがでしょうか。
関連記事:「つらい肩こり!本当に鍼で改善できるの?」

鍼灸・あんまの学校 針灸教育の名門 東洋鍼灸専門学校についてはこちら

  • 参考になった (0)
 
成人(今はお子様も多いようです)の7割前後がお悩みの「肩こり」!
慢性化すると、頭痛や呼吸にも影響することがあります。
ご自身でのツボ押しではなかなか効果が出ない場合は、
早めの治療や診察をお勧めします。
ツボは押してみて硬いところや気持ちよいところがポイントですが、
まずは鍼灸師に治療のポイントを教わるのが早道です。

東洋鍼灸専門学校 鍼灸あん摩マッサージ指圧科 学科長

種田 啓子(たねだ けいこ)

役に立ったらシェアお願いします!
だから安心鍼灸師

この記事が気に入ったら
いいね!しよう