鍼灸コラム

鍼灸について

注目の美容鍼!効果の持続はいかほど?

2017.9.5

美容鍼は受けてみたいけれど、どれくらい効果が続くかわからない点が不安という人は少なくないようです。施術中の見た目から、実際に美容鍼を受けてみるまでは「怖い」「痛そう」というイメージが先行してしまい、効果の持続性がどうしても気になってしまうというのもうなずけます。しかし、美容鍼に対する不安を取り除くことができれば、逆に安心して受けられるようになるはずです。そこで、今回は美容鍼の持続性について解説します。

☆イメージ調査!鍼治療の効果はどれだけ続くと思う?

まずは、美容鍼の効果がどれくらい続くと思っている人が多いのか、アンケートを取って調べてみました。

【質問】 美容鍼の施術を受けた後、効果はどれだけの期間続くと思いますか?

【回答結果】 1週間以内:50
2週間以内:25
2週間以上:25

調査地域:全国
調査対象:【性別】女性 【年齢】20 – 29 30 – 39 40 – 49
調査期間:2017年07月06日~2017年07月13日
有効回答数:100サンプル

 

★美容鍼に持続性はないと思っている人が多数派

今回のアンケートでは、全体のちょうど半数の人が美容鍼の効果は1週間も持たないと思っていることがわかりました。

・整体やエステの効果もだいたい長くて1週間ほどというケースが多かったので、美容鍼も同じくらいかなというイメージです。(40代/パート・アルバイト/女性)
・一時的なものというイメージがあるので、効果は長続きしないと思います。(30代/無職/女性)

1週間以内と答えた人のコメントを見てみると、マッサージやエステなどと同等の持続期間という意見が目立ちます。効果は鍼を打ったときの一時的なものだから長くは続かないだろうと考えている人が多いようです。それに対して、残りの半数は2週間以内と答えた人と2週間以上と答えた人は同数という結果になりました。先に2週間以内を選んだ人のコメントを紹介します。

・鍼治療をしたことがありませんが、祖母が腰痛の鍼治療に行く際に2週間に一度通っているので、そのくらいかなと思いました。(30代/専業主婦(主夫)/女性)
・美容整形ではないので、鍼でツボを刺激した効果が持続するのは2週間だと思う。2週間経った頃に再度施術をするのがちょうど良いペースだと思う。(40代/正社員/女性)

2週間以内を選んだ人のコメントを見ると、実際に鍼灸院に通うペースを基準に効果の持続期間を割り出している人が多いようです。2週間に一度通って効果を維持できればよいと考えていることがうかがえました。最後に2週間以上を選んだ人のコメントです。

・月に2回は通わないといけないみたいなので、2週間ぐらいなのかなと、最低でも月に1回はってところもあるので、1か月未満ぐらいかもしれない。(30代/専業主婦(主夫)/女性)
・1ヶ月持ってくれればいいなぁという希望です。1週間や2週間ごとに施術に通うのは大変なので。(20代/無職/女性)

2週間以上を選んだ人のなかには実際に美容鍼を受けている人もいましたが、美容鍼を受ける以上は1ヶ月程度効果が続いてほしいという希望でこの選んでいる人が多いようでした。

このように、美容鍼の効果については、イメージだけでも人によって大きな差があることがわかります。このことを踏まえながら、実際に美容鍼を受けたら効果がどれくらいの期間持続するのかを見ていきましょう。

 

☆美容鍼の効果は限定的?持続時間の目安

同じ美容鍼の施術をしても、深いシワと細かいシワとでは効果を感じる時間が異なりますし、刺激に対する反応には個人差もあります。また、ニキビや肌荒れに対する効果とリフトアップとでは、鍼を刺すことによって起こす反応も異なるため、効果を感じる持続時間も違ってきます。もともとの症状の度合いや鍼を打つ位置によっても効果の持続時間が異なるため一概には言えませんが、期待される効果ごとのおよその持続期間は次の通りです。
・リフトアップ…約2日
・ニキビ・肌荒れ…約2週間~3週間
・目の下のクマ…約1週間
リフトアップを期待しても2日だけしか持たないと聞くと、受けても意味がないと思う人もいるでしょう。しかし、これは初めて美容鍼をしたときの持続期間です。美容鍼は定期的に繰り返すことで効果を実感できる時間が長くなるという特徴があります。なぜなら、美容鍼が皮下組織を刺激できるのは鍼を刺している間だけですが、その刺激によって引き起こされた反応はその後も続くからです。コラーゲンやエラスチンの産生量の増加や、血流の促進は長時間続くわけではありませんが、それによって肌のターンオーバーが正常化したり、保湿力が高まったりすれば、持続時間も徐々に長くなっていくと考えられます。

 

☆効果を持続させるために!身体を冷やさないのが基本!

美容鍼の刺激によって引き起こされる身体の反応は、傷の修復などもともと人間が自然に行っていることです。本来なら自然に行われていたことでありながら、ストレスや加齢などによって機能が衰えたため、鍼の刺激によって呼び起こしていると考えるとわかりやすいかもしれません。また、美容鍼の施術は基本的に鍼を刺した部分だけでなく身体全体に及ぶと考えられます。東洋医学の考えでは、健康も美容も根底が同じですから、美しさを持続させるためには健康な状態を保つことが不可欠です。美容鍼は、血流や自然治癒力を高め、ホルモンバランスや自律神経のバランスを整える形で本来の美しさを引き出す治療です。ですから、美容鍼の効果を長く持続しようとするなら、全身を健康に保つということが重要になるのです。たとえば、身体を冷やさないようにし、胃腸に負担をかけない消化の良い食べ物を摂るように注意することも、美容鍼の効果を持続させるためには役立ちます。温かい食べ物や身体を温める効果のある食材を摂れば、全身をよい状態に保てるため、美容鍼の持続時間も長くなると考えられます。運動不足も血流を悪くする原因のひとつですから、適度な運動をすることも血流促進のためには有効です。

☆原因を遠ざけると効果が長続きするかも?

美容鍼の効果をできるだけ長く持続させるために、根本的な原因を取り除かなければならないケースもあります。たとえば、歯のかみ合わせが悪く、常に奥歯を食いしばるクセがある場合などがそれにあたります。歯のかみ合わせが悪いことが原因で表情筋が凝り固まり、顔の血流が悪くなっているとしたら、その状態で美容鍼を刺しても効果は一時的なものになってしまいます。せっかく美容鍼でコリをほぐし、血流を促しても、その直後からまた食いしばりのクセが出てしまったのでは、自ら元の状態に戻しているのと同じだからです。逆に、原因となっているかみ合わせをきちんと治療してから美容鍼の施術を受ければ、効果の持続期間は長くなると考えられます。目の下のクマに対する治療の場合も同じです。クマができやすい生活を続けたまま美容鍼を受けても、効果は一時的なものになってしまいます。目の下のクマは原因によって種類が複数あるため、自分のクマの原因を知り、原因となる生活習慣などを見直してから美容鍼を受けるようにするとよいでしょう。効果を実感しやすくなるうえに、長く効果を実感できるようになるかもしれません。

 

☆まとめ

美容鍼の効果は、それほど長いものではありません。しかし、定期的に受け続けることで、徐々に効果を実感できる時間が長くなっていくのが一般的です。それは、美容鍼が人間の自然治癒力に働きかける施術であり、自律神経やホルモンのバランスを整えることで本来の状態に戻していく治療だからです。本来持っている力を引き出す手伝いをしてくれるのが美容鍼ですから、身体が本来の力を取り戻せばその分効果は長続きすると考えるとよいでしょう。
関連記事:「気になる美容鍼!どんな効果が期待できるの?」

鍼灸・あんまの学校 針灸教育の名門 東洋鍼灸専門学校についてはこちら

  • 参考になった (2)
 
役に立ったらシェアお願いします!
だから安心鍼灸師

この記事が気に入ったら
いいね!しよう