イベントレポート

2013.12.13 Fri
【第2回夜間体験学習会~お灸の効果を体感しよう!~】を開催しました!

【第2回夜間体験学習会~お灸の効果を体感しよう!~】

こんにちは!事務室です!

今回は12月12日(木)18:30から開催しました【第2回夜間体験学習会~お灸の効果を体感しよう!~】をレポートします。

いざ潜入っ!!

本校で行われている実技授業の一部を体験できる当企画は本年度、第2回目!!
寒さも本番ということもあり、寒い夜でしたが、第1回同様、多数の方にお越しいただけました。
ありがとうございます!

今回の担当講師は、1年生の「はり灸実技」や3年生の「臨床実習」担当の松本正行先生。
松本先生は平成12年度の本校の卒業生でもありまして、ご自身の鍼灸院(中野区)の開業もしている講師です。

さて、今回のテーマは、第1回で学んだ「経絡経穴」を復習しつつ、「お灸の効果」を体感することがメイン!!
まずは、松本先生から資料を配布し、説明が始まりました。
東洋鍼灸専門学校の創設者、柳谷素霊師が残しているお灸についての教えを紐解きながら、日本のお灸の歴史や必要性についてじっくりとわかりやすく解説!
初参加の方もメモを取りながら、頷く様子が見受けられ、しっかり理解されているようでした。

講義の後は、お灸で使う艾(もぐさ)の材料である蓬(よもぎ)を見ることに。蓬からどのような工程で艾となるのか、松本先生と蓬を取り囲み、皆さん身を乗り出して興味深々!!
そして、フワフワの艾を持った途端に柔らかさに思わず笑顔!
また、松本先生が艾を「半米粒大(お米の大きさの半分)」に手早く依(よ)る姿にも皆さん見入っていました。
写真に写るわからないくらいの小ささでしたね!

そして、最後は実技室のベッドを使い、お灸を体感することに。
参加者の方が希望する体の部位にお灸を据(す)えていきます。
皆さんの症状を伺いながら、とっても穏やかな声で説明するので、会場は優しい空気に包まれ…。
参加者のみなさんからは、お灸って熱いイメージだったけど、気持ちが良いものなんだと感じていただけたようです!!

最後は参加者全員にとっておきのプレゼントをお渡しし、終了しました。
お灸最高~!!
さて、次回の第3回「夜間体験学習会~ハリに触れてみよう~」は本校専任教員の市川肇が担当させて頂きます!
第3回「夜間体験学習会~ハリに触れてみよう~」

≪参加者アンケートより≫
お灸の奥深さを感じました。(学んでみたいと…)
夜間のポイントの資料で授業のことや年間予定、学外研修など詳しい情報を伺えてよかったです。
実際にもぐさを見て触れる機会がないので貴重でした。
先生のソフトな説明も面白かったです。
腕に据えてもらいましたが、じんわり温かいのが続いています。
先生の手技の速さがすごかった。灸の意味や歴史など、いろんなことがわかりやすく説明されて興味深かった。
先生のお灸でほんのり指がやわらかくなったように感じます。ありがとうございます。鍼灸の勉強をしたいと思いました。
実際にお灸をしてもらって体が温まるのを実感しました。楽しかったです。