イベントレポート

2016.05.31 Tue
5/29(日)【第1回体験入学】 「はり・マッサージで、からだのフシギを体感!」を開催しました。

5/29(日)、13時~本年度最初の体験入学を開催しました!

当日は晴天に恵まれ、たくさんの皆さまにご参加いただきました。
忙しい中、ご来校いただいた皆さま、ありがとうございました。
まずは種田学科長による学校紹介があり、学科の特徴や特別授業の紹介では
皆さん熱心にメモをとる姿も見受けられました。
そして、竹内校長の挨拶では、本校の教育目標である「治せる治療家」に
ついての取り組みについてもお話いただきました。
また、体験入学の学生スタッフも紹介いただき、学生のコメントに
参加の皆さんが微笑む1コマも。

そして、受験案内後に、お待ちかねの体験授業がスタート!
今回のテーマは『はり・マッサージで、からだのフシギを体感』
そして、参加の皆さんを4グループに分けて、
専任教員と在校生スタッフ全員で実技のスタート。
今回のグループ分けは
①竹内校長による診断法・治療 ②パッチ鍼(貼るハリ)
③マッサージ ④円鍼(えんしん)となります。

①竹内校長による診断法・治療
竹内校長が臨床40年の経験にもとづく診断法と治療法を披露。
線香を使った診断や硬貨を使った治療などフシギな体験に皆さんビックリ!
②ハリレンジャーⅡによるパッチ鍼
スケートの羽生選手も使っているパッチ鍼の使い方と効果を本校教員からなるハリレンジャー達が伝授。
腕にあるツボ「内関」に貼っていただき、カラダの変化を感じていただきました。
③マッサージ・手技
頭皮やこめかみのツボを刺激して、ゲンキになる体験を。教員の手技を体感するとともに
ご自身でもできるツボを把握していただきました。
④円鍼
先が丸いハリである円鍼を使って腕の表面をさすり、
からだが温まっていく効果を体感。
ささなくても効果があることで、「ハリ」=痛いというイメージはなくなったようです。
和やかな雰囲気の中、教員や在校生との会話も楽しむことができ、
鍼・マッサージの入り口に触れ、皆さんの楽しそうな様子でした。
体験授業後の入試説明会も、たくさんの出席者で大盛況!
終了後にAOエントリーシートを提出される方もいらっしゃいました。
それ以外の方は施設見学や個別相談、体験治療に分かれて終了となりました。
次回開催は、
6/19(日)達人に学ぼう①『あなたも体験してみよう「ツボ療法&てい鍼体験♪』です。

第2回 体験入学の詳細はこちら♪

<アンケート感想より>
・校長先生の笑顔が素敵でした。壁を感じさせない温和な雰囲気から柳谷素霊先生の教えを感じることが出来ました。受付のときから先生方、在校生の方々の仲の良さが感じられ、とても安心しました。
・わずか十数分の体験でも多くを学べ、自身の体にしっかりと効果を感じることが出来たので継続して学びたい。
・先生方が優しく情熱を持って教えていると感じた。とても勉強になった。生徒さんたちも伝統校らしく、礼儀正しく立派でした。
・体験入学に来ていた人の年齢が高く、年齢に関係なく本当に想いを持った人が集まるんだなと改めて感じました。校長先生の話を聞いて自分が目指すべき姿をさらに強く感じることが出来ました。グループに分かれての体験でも先生方から本当に熱意が伝わってきました。僕もこの学校で学びたいとさらに強く感じました。
・鍼灸に対する先生方の熱意を感じました。私はここ数年、鍼のおかげで体が楽になりました。ぜひ自分も鍼を学んで、人の役に立ちたいという思いが高まりました。ありがとうございました。
・すごく盛りだくさんで、学ぶことも多く、とても良かったです。教員の方やスタッフさん、在校生の方なども、みなさんとても優しく、お話も面白く、入学できれば楽しいだろうなと思いました。
・本当に人を助けることが出来る仕事なんだなと実感しました。
・今までなんとなく場所が分からなかったツボが確かな実感とともに「これがツボだ」という感覚をつかめたのは良かった。体験授業のあと、お手洗いに行った時に、鏡に映る自分が心なし精悍になっていて嬉しかった。