イベントレポート

2016.11.07 Mon
11/4(金)実技体験イベント[ハリに触れてみよう]を開催しました♪

11/4(金)実技体験イベント[ハリに触れてみよう]を開催しました♪

11/4(金)【実技体験イベント~ハリに触れてみよう】を開催しました。
本校の夜間「実技授業」を体験できる当企画!
今回の担当講師は
「はり灸実技」「臨床実習」を担当している市川肇(はじめ)先生。
市川先生は本校附属臨床施設の副施設長でもあるのです!
そして、昼間部の学生2名も助手として参加してくれました。

今回は1年生が入学後「はり実技」で最初に行う授業の実践です。
まず、市川先生からステンレスや銀で鍼を打つ時の手の作法や、
体の姿勢についてスライドを利用した説明がありました。
そして、実践!
その説明を終えた後、再度刺鍼にトライ!
そうすると、ほとんどの参加者の鍼がスムーズに刺さっていきます。
この違いは・・・・鍼の構え方や姿勢でした!
その後は、入学した1年生の授業で教えている練習方法を実演と解説。
燃鍼や管鍼、板にハリを刺す堅もの通しを練習しました。
次は「片手挿管」
市川先生の周りにみなさんが集まり、動作の実演と解説を伺い、さて実践。
もちろん、すぐには出来ませんが、何となくイメージをつかまれたようです。
そして、1年生2名が緊張しながらも堂々とした手さばきで「片手挿管」を模範演技。
入学後半年の手さばきも食い入るように見ていました。

授業の締めくくりとして、さまざまな疲労や痛みに効果のあるツボ「足三里」を学び、
本日の体験があっという間に終わりました。
参加者の皆さんは、市川先生の手技を間近で見たことで、
このような授業を受けてみたい!
と思ったのではないでしょうか!!

参加した方の感想です
・やってみると想像以上に難しく自分にできるか不安になりましたが、
丁寧に教えていただいたので、 何とかできました。
入学後のイメージがつかめてとても良かったです。
・以前学校見学をした際に、実際に鍼を使った授業が気になっていたので、
このような機会は嬉しかったです。
・ささないハリや灸頭鍼というものがあることを知り、
さらに興味がわきました。
・とてもおもしろく体験させていただきました。
・肌にハリがさせるのを見るのも新鮮でした。*