イベントレポート

2016.03.07 Mon
3/6(日)【第9回体験入学】「鍼春到来~ハリの刺し方と浮き物通しを体験してみよう~」を開催しました。

こんにちは!事務室です。
3/6(日)【第9回体験入学】を開催しました!
3月ということで、テーマは「鍼春(しんしゅん)到来!」
ハリを学ぶ第一歩の機会にしていただけるような内容で企画いたしました。

まずは種田学科長の学校紹介、竹内校長の挨拶。校長挨拶では、
今回の体験入学アシスタントとして参加していた
鍼灸科夜間部で頑張っている松原明子さんをご紹介いただきました。
松原さんからは、
「先生方と学生の距離が近い」「竹内校長は話しやすい」等
本校で1年間学んだ感想も。

そして、すぐに体験授業!
今回は「ハリに触れてみよう」がテーマということでさっそく実技体験。
〇ハリの刺し方を学ぶ
実際に「銀のハリ」を使って、ハリの持ち方と姿勢を学びます。
教員が手本をみせて、まずは見よう見まね・・・
おそらくや人生で初めて「ハリ」を持つことになったと思いますが、
隣で教員と在校生が丁寧に指導してくれたせいか、
基本通りの持ち方と姿勢ができていました。

〇浮きもの通しに挑戦!
「洗面器に水をはり、リンゴときゅうり、レモンを並べ、ハリを刺す」
これは1年生各学科の「ハリ灸実技」授業で学ぶハリを刺す練習の一環です。
ゆらゆらと揺れていて不安定な中、背筋を伸ばしてまっすぐ刺します。
銀のハリは柔らかくて刺すのが難しいですが、教員たちの指導の下
皆さん頑張っていたようです。竹内校長や在校生も参加して和気あいあいと
した雰囲気の中、中には成功する方も!
本年度の体験入学は今回が最後となります。
参加いただいた皆さん、ありがとうございました。

次年度の開催は5月スタートの予定!
日程が決まり次第、ホームページにてご案内いたします。

<アンケート感想より>
・鍼灸治療でよくハリを刺してもらっていますが、自分で刺すことは初めてだったので、
戸惑いながらもよい経験になりました
・学校紹介で校風、方針、内容をわかりやすく説明いただいたので感謝しています。
・体験授業の施設見学が面白くてよかったです
・力加減や姿勢など基本に忠実なことが大切だと実感しました
・ハリ実技担当の市川先生の説明は大変わかりやすかったです
・ハリを刺すとはどんな感覚なのか経験してみたく参加しました。目をつぶると感覚がとぎすまれると
先生方がおっしゃっていたので目をつぶってみると別な感覚が体験できました。
・学校のスタッフの方がとてもフレンドリーで好感を持ちました
・イベントに何度か参加させていただいていますが、いつもモグサの香りがして気持ちが落ち着きます。