【第5回体験入学】「ゲンキはオナカから ~腹診と一本の鍼の効用~」を開催しました! |鍼灸・あんまの学校 針灸教育の名門 東洋鍼灸専門学校

イベントレポート

2014.10.01 Wed
【第5回体験入学】「ゲンキはオナカから ~腹診と一本の鍼の効用~」を開催しました!

【第5回体験入学】「ゲンキはオナカから ~腹診と一本の鍼の効用~」を開催しました!

こんにちは♪ 入試事務局です。
9月28日(日) 第5回体験入学を開催しました。
秋晴れの爽やかな天気に恵まれ、たくさんの方にお越しいただきました。
ご来校いただいた皆様、ありがとうございました。

第1部では、授業紹介、竹内校長の挨拶、受験案内。
そして、お待ちかねの体験授業!
「腹診と一本の鍼の効用」をテーマに、篠原勉先生(はり灸実技講師)が講義と実技披露。

講義
①陰陽について
・木で例えると、根が陰、枝葉が陽
・性別で例えると、女が陰、男が陽
②百練自得
・柔らかいアタマで、すべてを飲み込むことが大切

実技
参加者の方に治療希望の方を募り、会場内で診察と治療を行いました。
治療する前に、必ず「オナカ」に触れて状態を確認。
症状を診て、手足にハリを刺し、お腹の圧痛を少なくしました
※腹部を診て治すの治療法は、痛い所を直接治療する治療法より、勉強しがいがあるのです。
今回の症状は、こんな皆さんでした!
・便秘
 下腹部に圧痛があり、足の太衝を刺鍼
 ※足を動かしお腹を休ませると、便を押し出す力がつく。
・左耳鳴り
 下腹部、胸部に圧痛があり、足の太渓を刺鍼
 ※上半身が充実し過ぎているので、下半身に降ろす。
・元気な方
 左鼠径部に圧痛があり、左膝内側に刺鍼
・左頸肩の凝り
 左小指伸展、左下腹部に圧痛があり、左血海に刺鍼

篠原先生の巧みなトークと、1・2本のハリで治す治療に引き込まれたようで
あっという間の時間!
本校への関心をさらに深めていただいたようです。

次回の体験入学開催は、10月26日(日)
テーマは「脈診(みゃくしん)って、何だろう」
現在、参加申込み受付中です。

第6回体験入学の詳細を見る

第6回体験入学に申し込む