1/28(木) 女性限定【第4回】公開講座「漢活!!元気な漢方!!」を開催しました! |鍼灸・あんまの学校 針灸教育の名門 東洋鍼灸専門学校

イベントレポート

2016.02.01 Mon
1/28(木) 女性限定【第4回】公開講座「漢活!!元気な漢方!!」を開催しました!

1/28(木) 女性限定【第4回】公開講座「漢活!!元気な漢方!!」を開催しました!

こんにちは、事務局です。
1月28日(木)19時より、女性限定第4回公開講座を実施しました。

今回は、昨年度も大好評だった紫雲膏(しうんこう)作りです。

講師は本校卒業生 平地治美先生にお越しいただき、
大きなお鍋に胡麻油を熱しながらのスタートです。
平地先生は鍼灸師であるとともに薬剤師でもあるのです。

紫雲膏についての説明の中で、その万能すぎる効果効能(※)に
参加された方は驚かれていました。
※【効果効能】ひび、あかぎれ、しもやけ、魚の目、あせも、
ただれ、火傷、外傷、痔の疼痛、肛門裂傷、かぶれ

次第に胡麻油の匂いが立ち込めていく中で、次に作り方の説明です。

①既に火にかけていた胡麻油にミツロウを入れます。
②その中に、当帰を入れ、成分がよく溶け出るようにキツネ色になるまで揚げます。
③次に、紫根を入れるとすぐに色が鮮やかな赤紫色に変わり、
皆さんから歓声が上がったところで完成です。

完成品をお持ち帰りいただいたのですが、
参加された方より「早速今夜から使ってみたい!」と大変喜ばれました。

優しい雰囲気の平地先生とお鍋を囲み(?)、
香ばしい香りに包まれながら、質問も飛び交い、終始和やかな
雰囲気の講座となりました。

最後に、先生がおっしゃった中で印象的だったのは「女性は婦人科系を
治すとお肌もキレイになる」という事です。
肌トラブルの際に万能薬を塗ること以前に、体の内側からのケアも
大事だな~と感じました。

毎回好評の公開講座 次回の開催は3月4日(金)19時~テーマは「美活!!東洋医学で美しく」です。
講師は本校附属臨床施設長 奥住知子先生です。皆さんの参加をお待ちしています。

<参加者アンケートより>
●化粧落としに胡麻油が使えるのは発見でした。身近なもので作れると親近感が湧きました。紫雲膏をもっとたくさんいただけたら嬉しいなと思います。
●紫雲膏作りを見ることが出来て満足です。ありがとうございました。毎回中身が濃い内容で感謝いたします。
●とても楽しく受講できました。もう1個紫雲膏欲しいくらいです。ありがとうございました。
●ちょうど乾燥の時期で、今年はよりかゆみがひどく、紫雲膏が即戦力になりそうです。お話も歴史についてもとても参考になりました。
和歌山にも行ってみたいと思いました。※当帰の試食も美味しかったです。ご馳走様でした。
●紫雲膏を床ずれの治療で使ったことがあり、それからよく使っているので、自分で作れる方法を知れてとても有り難かったです。
●初めての体験でおもしろかったです。自分でも作ってみたいです。ただ根気のいる作業だなという気もしました。
なるべく安心なものを使いたいので、効能も含め、興味深いお話でした。
●話がとてもわかりやすかったです。(小ネタも楽しかった)もう少し人数が少なめの方が実技の時は見やすかったかな?と思いました。
●貴重なお話を聞くことができ、とても良かったです。
●実際に使用方法や作り方を実演してもらったので、わかりやすかったです。家でも作ってみたいです。ありがとうございました。
●漢方って何を行うのかな?難しいのかな?と思っておりましたが、とても分かり易く、薬を作るということを初めて見ることができて、楽しかったです。
又、乾燥性のアトピーなので有り難かったです。また宜しくお願いします。
●数年前から化粧品がなかなか合わず、いい軟膏がないかと思っていたので、是非使ってみたいと思います。胡麻油だけでも効力がある(保湿、栄養)というのがわかって
クレンジングオイルを使ってみようと思います。紫雲膏を作るのは材料入手が難しそうですが、色々試してみたいと思います。ありがとうございました。

公開講座 年間スケジュールはこちら♪