イベントレポート

2015.12.10 Thu
在校生向けイベント~竹村文近先生による特別授業~を開催しました!

在校生向けイベント~竹村文近先生による特別授業~を開催しました!

こんにちは!専任教員の山國です。

12月7日(月)、今年最後の竹村先生の講義が行なわれました。
まずは二年生の講義です。

今回二年生は基本治療を行ないました。
ツボのとり方や灸頭鍼を行なう時の鍼の角度や艾の付け方を、各先生が
回りながらしっかりと確認をしました。

やっぱり実技室開放で練習しているだけあって皆さんの刺鍼の流れが
とてもスムーズです。
竹村先生も驚いていました!たくさん練習した甲斐がありましたね!

さらに今回は基本治療が終わると竹村先生の肩が痛む人に対しての
デモを行ないました。

やはり治療前と治療後で肩の動きが驚くほど変わります。

お次は三年生の講義です。
今日で三年生は最後の竹村先生の講義です。
今回も一年生を患者役にして治療を行ないました。患者役の一年生の他に
三年生の治療風景を見ようと一年生の見学者もたくさんいました。
三年生も竹村先生の講義の集大成を見せることができたと思います。

その後、残った時間で膝と足首に対して関節を通す鍼を行ないました。
難しい技法のはずが竹村先生にかかると簡単に見えてしまいます。。。
私も練習しようと思います!

今回も学ぶことがとても多く、大変勉強になる講義でした!
竹村先生ありがとうございました!!

<参加した学生アンケートより>
● 全体を通してできてよかったです。周りにも肩の痛みをうったえる方がいるので、ぜひやってみます。
●ホッカイロを使う発想はなかったです。
●今日は久しぶりに治療をされる側になりました。施術者がすごくうまくなっていて自分も負けてられないなと思いました。
●肩関節まわりの施術は大変勉強になりました。さっそく練習して治療に取り入れようと思います。
●臨床に役立つ内容も教えて頂き、勉強になります。今年も一年有難うございました。来年はもっと上達できるよう頑張ります。
●勇気が必要な鍼を練習すると、いろいろ足りないなと、気付きます。
●3年間ありがとうございました。鍼灸科の昼間部で最後までこれたのも、竹村先生と東先生のおかげです。本当にありがとうございました。国試がんばります!
●3年間鍼のおもしろさやいろいろなことを教えて頂きありがとうございます。先生の心がとってもあったかくて、やさしいことをいつも感じました。先生の鍼を心にきざんで、これからがんばります。どうもありがとうございます。またお会いできることがありましたら、うれしいです。

01 【竹村文近先生プロフィール】
1978年東洋鍼灸専門学校卒業、1979年開業、鍼灸師。
タモリ、鶴瓶、加賀まりこら多くの著名人に治療を施す。
メディアにも多数出演し、鍼灸の普及に携わる一方で、東日本大震災被災地での
ボランティア治療や鍼灸を志す若者たちの育成にも力を注いでいる。
著作『響きあう鍼灸』『はりは女性の味方です』『はり100本』等