イベントレポート

2015.11.17 Tue
シークレットイベント【治療家として生きていくために】第2弾を開催しました♪

ご来校いただいた方限定のイベント
シークレットイベント【治療家として生きていくために】第2弾を開催しました♪

11/13(金)19時~21時。「治療家として生きていくために」第2弾を開催しました。
これは本校への学校説明会に参加いただいた皆様方へのスペシャルイベント!
第1回の受付がすぐに定員となったため、キャンセル待ちの方向けに特別開催!
冒頭、本校 竹内校長から挨拶と治療家になるための心構えについてのメッセージ。
本日のプログラムはトークライブと治療体験が中心。参加者も途中から緊張がほぐれ、
笑いの絶えない楽しく「ためになる」時間だったようです。

□トークライブ:奥住教員が、ご自身の治療家としての生き様を語るトークライブ 前回よりさらに
バージョンアップし、より楽しく参考になる内容です。奥住教員はプロの運動選手、ダンサー、音楽家、
芸能関係者の治療を行ってきた豊富な経験を持ち、授業や臨床実習で後進の育成にもあたっています。
今回は治療家として生きてきた(食べてきた)体験談を中心に。
資格を取ったあとの人生設計について熱く熱く語っていただきました。
18年の治療家生活をひとことで言うと、「大変だけれど、やりがいがあって楽しい」

□治療体験:肩や腰のコリを改善しようということで、まず1名の方をモデルに治療。治療後の見た目の
比較や触った感じの比較も行いました。
その後、昼間部の在校生にも手伝っていただき、互いに肩や首のコリに効果的ななツボである
「合谷(ごうこく)」と「曲池(きょうち)」に「パッチ鍼」を貼り、効果を体感!
在校生との和やかに話をして学生生活の情報も入手していました。
お帰りの際、ご自宅でもできるように「お土産」としてパッチ鍼をプレゼントしました。

◇参加者の声◇
・正直な意見が聞けて本当に良かったです。
・入学前イベントにもかかわらず、ここまでの内容で説明いただけたことが驚きであり、有意義でした。何よりも大切な時間を過ごすことができました、ありがとうございました。
・楽しくとても勉強になりました。何より、学校への愛を強く感じました。
・治療家について、よくわからなかった部分がかなりわかり、不安が少なくなりました
・開業について漠然とした不安があったので、現実的なことも心躍ることも両方の話がきけてよかったです。奥住先生も学生の方も東洋鍼灸が大好きだということもとてもよく伝わりました。
・東洋鍼灸専門学校で多くのことを学んで、将来患者に返せるような治療家になりたいと思いました。