イベントレポート

2015.09.01 Tue
【見学レポート その③】救世軍ブース記念病院の病院実習研修を開催していただきました!

【学生見学レポート】
救世軍ブース記念病院の病院実習研修を開催していただきました!

夏休みを利用して、本校卒業生である水上信明先生、信智先生の
御厚意で救世軍ブース記念病院の病院実習研修を開催していただきました。
お忙しいなか5日間に渡り学生を受け入れてくださった
先生方、スタッフの方々に深く感謝申し上げます。

救世軍ブース記念病院

東洋鍼灸専門学校 鍼灸あん摩マッサージ指圧科
昼間部1年 杉浦 輝久
(見学日:平成27年8月10~14日)

この度は救世軍ブース記念病院見学の機会を与えてくださり、ありがとう
ございました。

私は、脳梗塞や事故等で体に麻痺が残った方の治療やリハビリの現場を
実際に見たのは今回が初めてでした。
テレビや話し等で、何となくはわかっていたつもりでしたが、実際に見ると
想像以上に厳しい現場なのだと実感しました。

鍼治療の現場を見せて頂くことが何度かありましたが、肘が固まって僅かしか
動かなかった患者さんが、鍼治療後、肘の稼働領域が広がったのを見た時は、
改めて鍼の凄さを実感しました。

また、交通事故で視力を失い西洋医学では手を打つことができなかった
患者さんに対し、鍼治療で視力が回復した話しや、重度の顔面麻痺が
ある患者さんに対しての鍼治療の学会論文なども見せて頂きました。
論文については、書き方や発表の仕方などまで教えて頂き、とても参考に
なりました。

そして、鍼治療の中で一番驚いたのは、眼球上方の瞼の上に鍼を打つ
というものでした。
興味があったので、自分にも打って頂きたいと先生にお願いしたところ、快く
引き受けてくださいました。
刺鍼前は怖くてドキドキしていましたが、刺鍼後ドライアイ気味だった
私の目が、目薬をさした直後のように潤いとても驚きました。

リハビリでは、物理療法(温熱、低周波刺激、光線、けん引、水治など)の
使用現場を見させて頂きました。
業務終了後には、実際に使用もさせて頂き、貴重な体験をさせて頂きました。

今回の見学を通し、抽象的に想像していた治療・リハビリ現場が、
より具体的にイメージすることができるようになり、どのようなスキルが
必要とされるのかを確認することができました。

最後になりますが、お忙しい中ホワイトボード等を使用しながら、
様々な講義をしてくださり、こちらからの質問にもわかりやすく丁寧に
教えて下さった水上先生やスタッフの方々に改めてお礼をさせて頂きます。
ありがとうございました。