お知らせ

2017.11.22 Wed
第3回公開講座「紫雲膏(しうんこう)を作ろう!」を開催しました

11月17日(金)第3回公開講座を開催しました。

テーマは「漢方のオロナイン 紫雲膏(しうんこう)を作ろう!」
担当講師は本校卒業生の平地治美先生でした。
初めて本校へお越しの方、本校公開講座リピーターの方、
来年度入学が決まっている方、たくさんの皆さまよりご参加頂きました。

当日は、本校学園祭『東鍼祭』にて教員瀧口先生が募金活動をした際に大活躍をした
ガチャポンでのお土産もご用意しました。

このようにユニークなアイデアを持った教員や、専門的な知識を持った教員はもちろん、
卒業生もたくさんおりますので、本校で学ぶ事はとても有意義だと思います。

「紫雲膏作り」は毎回人気のテーマです。
材料は、口に入れても害の無いものばかり。紫雲膏の主薬となる当帰(トウキ)は、
成分がよく溶け出るようにきつね色になるまで胡麻油で揚げます。
揚げたものは、その場でポリポリ食べました。身体に良さそうな味です。

1時間ほどで出来上がった紫雲膏は、皆で容器に詰め作業をして持ち帰りです。
固まるのを少し待ってから、肌トラブルや乾燥の気になる箇所に
早速その場でたっぷり塗って、「効果が楽しみ!」と終始和やかな雰囲気の講座となりました。

たくさんのご感想を頂きました。
「とっても分かりやすく楽しかったです。
紫雲膏はいつもできたものを購入していたので材料をそろえて作ってみたいと思います。」
「紫雲膏に紫根が入っている事は知っていたが、生薬の実物を見る事ができて良かったです。
ヤケド以外の使い方も分かって使うのが楽しみです。
参加されている生徒さんがとても親切だったので治療人を志す人の素晴らしさを感じました。」

次回の公開講座は1月を予定しております。詳細・受付開始はホームページにてご案内致します。