お知らせ

2017.10.11 Wed
「艾(もぐさ)作り」授業をご紹介します!

こんにちは事務局です!
今日はハリ灸実技授業の中での恒例「艾(もぐさ)作り」授業をご紹介します!
前日、もぐさ作り会社の名門 亀屋佐京商店 松浦様の講演を受けて、いよいよ授業で実践。
(講演の様子は別途レポートいたします♪)
この授業は1年生の時に全クラスで行います。
普段、お灸の授業で使用している艾(もぐさ)の製造工程を理解し今後に活かそうという授業です。
当日準備するものは、マスク・手ぬぐい・メガネ(ゴーグルでもOK)・軍手、
そして肝心なのは、汚れてもいい服装で!
準備万端で教室からパティオに移動し、数名のグループに分かれていざ作業開始。

さて、お灸にかかせない「もぐさ」は何からできているか
皆さんご存知ですか?なんと、よく川沿いや道端にはえている蓬(ヨモギ)からできているんです。
今回使うヨモギは学生自身が春の段階で摘んできて乾燥させたもの。
工程は
①乾燥させたヨモギの葉をちぎる(茎を取り除く)
②よ~くすりつぶして、ゴミをとって、さらにすりつぶす。
③篩にかける
②と③を繰り返すと、きれいな艾(もぐさ)が出来上がりました。
普段の授業とはまた違った雰囲気で、教員も交えて皆さん和気あいあいと取り組んでいました。
最後に集合写真を撮って本日の授業は終了です。

もぐさ作りの授業があるのは本校だけのようです。
平均年齢38歳の本校ですが、高校時代に戻ったようで
完成後は一同充実感いっぱいの表情でした。

 

 

 

共立メンテナンス