お知らせ

2017.10.24 Tue
【認知症サポーターと地域包括ケア】特別講義を開催しました。

10月5日(木)東京都鍼灸師会の髙田常雄会長による
【認知症サポーターと地域包括ケア】特別講義を開催しました。

認知症の患者様への接し方をDVDで流していただいたことで、
認知症の初期の方は外見はなにも変わりませんし、
しっかり話をすれば理解もしていただけるということが分かりました。
しかし、こちらが急かしたり粗暴な態度をとってしまうと畏縮してしまい
会話が途絶えてしまいます。
そのような事態にならないために、どのような対応を行えば
しっかりコミュニケーションがとれるのかを教えていただきました。

2025年には団塊の世代が75歳以上となり認知症患者は増えるでしょう。
そのときに私たち鍼灸師がどのようにサポートをできるのかを改めて考えさせられる講義でした。

講義終了時にアンケートを記入して、認知症サポーターの証であるオレンジリングを頂きました。