鍼灸コラム

鍼灸について

美容鍼の痛みはどれだけ?鍼治療のよくある質問まとめ

2017.9.12

「美容鍼を試してみたいけれど、顔に鍼を刺しているのを見ると不安になってしまう」という人は少なくないようです。いくら美容鍼が肌の悩みに効くと聞かされても、実際に受けてみるまでは、見た目と口コミくらいしか判断材料がないのですから「怖い」「大丈夫かな?」と感じてしまうのも無理はありません。そこで今回は、そんな皆さんの不安を解消するために、多くの方々が美容鍼に対して感じている疑問や質問に答えていきます。

 

☆鍼の太さは注射針くらいだと聞きましたが?

美容鍼の太さは鍼灸院によって異なりますが、細いものは直径0.1mm、太いものでも直径0.3mm程度です。直径0.1mmとはちょうど髪の毛の太さくらいです。鍼の太さは施術内容や打つ箇所によって変えますが、顔は毛細血管の多いところですから、細い鍼が用いられることがほとんどです。素材は金、銀、ステンレスなど鍼灸院によって違いますが、感染症予防のため、ステンレス製のディスポーザブル鍼を使っている鍼灸院が多いようです。ちなみに、病院などで使われる注射針の太さはG(ゲージ)という単位で表されます。数字が小さいほうが太い針で、筋肉注射用の針は23G~25G、採血や静脈注射用の針は21G~23G、最も細いインシュリン用の針で33Gです。もっとも細いインシュリン用の針でも、外径は美容鍼に使われる鍼の2倍以上ありますから、美容鍼ではかなり細いものを使っていることがわかるでしょう。

 

☆顔に鍼を刺すから当然痛いですよね?

美容鍼の痛みは、鍼を打つ箇所や施術内容、筋肉のコリの状態などによって異なります。また、痛みの感受性は個人差が大きいため、痛みの度合いは一概には言えません。しかし、施術後は「想像していたより痛くなかった」という人が多く、蚊に刺されたくらいの痛みと表現する人もいるくらいです。ですから、特に痛みに敏感な人でなければ、怖がる必要はない程度だと考えてよさそうです。しかし、敏感な人は痛いと感じる可能性はあります。そのような人は、事前にサロンや鍼灸院に相談してみるとよいでしょう。美容鍼を行っているサロンや鍼灸院は、痛みを軽減するための方法もよく知っています。痛みを軽減するための処置も行ってくれますし、できるだけ痛くない施術方法も選んでもらえますから安心してください。施術後に痛みが出てきたときの対処法も相談するとよいでしょう。

 

☆美容鍼を受けるリスクはありませんか?

美容鍼は顔にたくさんの針を刺すことが多いため、見た目は痛そうに感じるかもしれません。しかし、基本は古くから続いている安全な鍼治療です。自分の身体に備わっている修復機能を高めることを美容に応用しているのですから、副作用の心配もありません。ただし、出血や皮下出血が起こるケースはありますから、それをリスクというのであればリスクがゼロとは言えません。美容鍼は気になる部位に鍼を刺すことで皮下組織にほんのわずかですが傷をつけ、自然治癒力を引き出します。ですから、それに伴って出血する可能性はあります。傷口から皮膚の表面まで血が出てくる場合と、皮膚の下に止まってしまう場合があり、内出血になるとしばらくは小さなあざのような跡が目立ちます。しかし、出血や内出血が起こった部分は最優先で修復されるため、新しい肌の再生も早くなります。鍼を刺した傷跡がいつまでも残るようなことはなく、細かい内出血が目立つのも一時的です。

 

☆美容鍼を受けたあとの注意点はありますか?

美容鍼の施術を受けた後、軽い痛みがぶり返すことがありますが、2日~3日もすると自然に治まります。施術直後は血行が良くなっているため、長い入浴は控えて、軽いシャワー浴にしておいたほうが無難です。飲酒や激しい運動も控えるようにしましょう。食事も普段よりは軽めにしておいたほうがよいでしょう。これは、血流がよくなりすぎるからというより、美容鍼を打った部位に血液や免疫を集中させるためです。飲酒するとアルコールの分解のために血液が肝臓に集まり、食事をすると食べ物の消化のために胃や腸に集まります。激しい運動をすると筋肉が疲労し、傷んだ部分の修復が必要になります。これではせっかく美容鍼を打っても血液や免疫が他の部位で使われてしまうため、そうならないように避けたほうがよいということです。タバコは毛細血管を傷つけるうえに、性酸素が増え細胞の老化が早めます。できるだけ控えるようにしましょう。

 

☆美容鍼の施術であなたが不安に思うのは?

最後に、他にも美容鍼の施術に関して不安に感じることはないか、アンケートを取ってみました。

 

★施術後に関する不安が案外多い

・顔に鍼のあとが残らないだろうか、施術したあとに、皮膚が炎症を起こして腫れたりしないだろうかという不安。(40代/正社員/女性)
・やはり、鍼を体に刺すので内出血などのリスクがあるのではないかと不安にもなりますね。(20代/専業主婦(主夫)/女性)
・保険の適用外になると思いますので、料金が高額になるのではないかというところが不安です。(30代/正社員/女性)
・鍼灸師のスキルに若干不安があります。どの人が経験豊富なのか情報があまりないからです。(30代/公務員/女性)
・鍼がちゃんと消毒されているのか気になります。変な病気とか感染しないかなと不安です。(30代/パート・アルバイト/女性)
・古い人間なので、針の使いまわしやそれによる感染症が気になります。(40代/専業主婦(主夫)/女性)

【質問】 美容鍼の施術で不安に思うことがあれば教えてください。

【回答結果】 フリー回答

調査地域:全国
調査対象:年齢不問・女性
調査期間:2017年07月07日~2017年07月14日
有効回答数:100サンプル

今回のアンケートでは、ほとんどの人が痛みについての不安を訴えていました。しかし、それ以外の不安を挙げる人も多く、なかでも施術後の影響を心配する声が目立ちました。鍼が衛生的に保たれているか、施術後に跡は残らないのかということを不安に感じる人が多いようです。ですから、事前に施術する人の技術の高さや衛生管理の状態、施術後の仕上がり具合などを確認できれば、不安を感じる人はかなり減るように思われます。

 

☆まとめ

美容鍼は受けてみたいけれどわからないことが多くて不安という人は少なくありません。しかし、実際に受けた人からは、もっと早く受けておけばよかったという声もよく聞かれます。ですから、不安なことは鍼灸院で施術を受ける前に直接確かめるようにしましょう。特に痛みについては、どのサロンや鍼灸院も、できる限り痛みを和らげられるようにいろいろと配慮してくれます。ですから、事前に納得できるまで質問してから受けるようにするとよいでしょう。
関連記事:「気になる美容鍼!どんな効果が期待できるの?」

鍼灸・あんまの学校 針灸教育の名門 東洋鍼灸専門学校についてはこちら

  • 参考になった (0)
役に立ったらシェアお願いします!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう