スペシャルコンテンツ

東洋鍼灸専門学校の日常や、普段とは一風変わった一面をお届けします。
当校の雰囲気を少しでも感じて頂ければと思います。

2014.04.25 Fri
平成26年度 奨学金説明会を開催しました。

平成26年度 奨学金説明会を開催しました。

こんにちは!事務室です。

入学式から早2週間が経ち、1年生も学生生活に慣れてきた様子です♪

さて、本校では学費サポートの一環として、公的奨学金(日本学生支援機構、東京都育英資金)の他、学内奨学金(東洋鍼灸専門学校育英基金)を設けております。

昨日は、その奨学金説明会を昼・夕方・夜の3回行いました。

本校学生は社会人が多く、その年齢も10代~60代と幅広いため、学費を自分で工面していることが多いです。
勉強時間を多く取るために仕事を辞めてアルバイトに切り替えたり、仕事を続けながら通学したり、子育てや主婦業の傍ら通学したり、と皆さん少ない時間をやりくりしながら、学習に取り組んでいます。

奨学金はそのような意欲溢れる学生らの負担が少しでも軽くなるように、設けられた制度です。
公的奨学金も学内奨学金も採用枠があるため、希望する全員が採用されるとは限りませんが、なるべく希望が通り、万全な体制で授業に臨むことができるよう願います。
奨学金制度について
http://www.toyoshinkyu.ac.jp/exam/system/

■東洋鍼灸専門学校育英基金 奨学金制度
本校では、人物・学業ともに優れ経済的理由によって修学が困難な学生を支援する学内奨学金制度を設けております。学内奨学金は給付型で返済は必要ありません。なお、給付は当該年度限り(単年給付)とし、毎年度給付採用者を認定いたします。

■公的奨学金制度
・日本学生支援機構(旧称:日本育英会) 専修学校(専門課程)で奨学金の貸与を希望する方へ
http://www.jasso.go.jp/saiyou/senshu_senmon.html
・東京都育英資金
http://www.shigaku-tokyo.or.jp/pa_ikuei.html

※学内奨学金制度および公的奨学金制度には採用枠がございますので、希望者全員が給付もしくは貸与されるとは限りません。なお、学内および公的奨学金とも申請は入学後になります。