第55回卒業式を挙行致しました! |鍼灸・あんまの学校 針灸教育の名門 東洋鍼灸専門学校

スペシャルコンテンツ

東洋鍼灸専門学校の日常や、普段とは一風変わった一面をお届けします。
当校の雰囲気を少しでも感じて頂ければと思います。

2014.03.21 Fri
第55回卒業式を挙行致しました!

第55回卒業式を挙行致しました!

平成26年3月21日、本校卒業式を挙行致しました。
前日の雨がウソのような快晴!春のポカポカ陽気が卒業生の前途を祝福して
くれていました。

晴れ晴れしい顔の卒業生を迎え、まずはクラス毎に記念撮影!
袴姿の学生、ピシッとスーツを着た学生、それぞれ輝いていました。

そして、いよいよ卒業式。

ご来賓として、臼井日出男様(元衆議院議員)、髙田 常雄様(東京都鍼灸師会会長)
他多数の方にご多忙の中、参列いただきました。

今年の卒業生は東日本大震災の直後に入学した学年です。入学式のころは、
皆が心に大きな傷を抱え、入学を迷われた方も多かったのではないかと思います。
そのような厳しい状況を乗り越え、本校に入学し、3年間の努力を実らせて
この卒業の日を迎えることができました。

それぞれが様々な思いを胸にした卒業式は、国歌斉唱から始まり、卒業証書授与、
学内表彰(優秀賞、あん摩実技賞、鍼灸実技賞、皆勤賞)と続き、
業界団体からの学外表彰、在校生送辞、卒業生答辞と続いていきます。

校長訓示では、本校校長も着任して3年目ということで、感慨一入(ひとしお)の
ようでした。

来賓祝辞では、東京都鍼灸師会の活動として、伊豆大島で被災した鍼灸院の
建て直しのために、髙田会長をはじめ、会の方々が、折り畳みベッドや
鍼灸道具を伊豆大島まで運んで、早期鍼灸院開業を目指しているとのお話しが
ありました。
東京都鍼灸師会では、勉強会などの集まりは勿論のこと、「一人はみんなのために、
みんなは一人のために」困ったときには互いに手助けできる体制をとっている
そうです。開業してしまうと、経営者として治療者として、孤独になりがちな
鍼灸師を支えてくれる存在となります。

最後に「蛍の光」「仰げば尊し」を斉唱し、全員の拍手で見送りました。

ご来賓の皆様・ご家族の皆様・講師の皆様、ご参列いただきまして
本当にありがとうございました。

卒業生の皆様、ご卒業おめでとうございます!
校長訓示で「進路、治療方法、治療院経営など、何でも相談にいらっしゃい。
但し、事前連絡してください」という話がありました。
たまには学校に顔を見せてくださいね。皆様のご活躍をお祈りしています。