スペシャルコンテンツ

東洋鍼灸専門学校の日常や、普段とは一風変わった一面をお届けします。
当校の雰囲気を少しでも感じて頂ければと思います。

2014.03.11 Tue
3年生「低周波・中周波治療器」「複合電気刺激治療器」「超音波治療器」の授業

3年生「低周波・中周波治療器」「複合電気刺激治療器」「超音波治療器」の授業

国家試験が終わったと思ったら、もう卒業式も間近ですね。3/12は3年生の最後の登校日でした。
さて、そんな3年生ですが、「臨床に役立つ知識」として「低周波・中周波治療器」「複合電気刺激治療器」「超音波治療器」の授業を行ったそうです。瀧口定広教員のレポートが届いたので、ご報告します。

*・。*゜・。・o゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。*゜・。・o*゜・。・o*゜・。・o*゜・。・o*

 3月11日、臨床に役立つ知識として、校長先生が業者を招いて「低周波・中周波治療器」「複合電気刺激治療器」「超音波治療器」の詳細な説明とお試し会を開いていただきました。
  お招きしました業者の「株式会社日本メディックス」さんは、医療機器製造販売を広く手がけ、医療現場で活用できる大型の機械やベッドを取り扱っています。 これらの機器は介護にかかわるデイケア施設やリハビリテーション施設のみならず、鍼灸接骨院などでも導入する治療院がありますので、今後皆さんが使うこと があるかも知れません。
 これらの機械は効果的にコントロールされた電気刺激により、皮膚表層部や筋の深層部へ効果的な治療効果を与え、特に炎症の抑制や筋肉痛の軽減、血流の改善などを行います。
 操作法はわかりやすく作られていますが、初めて見る機械だったためか、参加者の皆さんは熱心に説明を聞いていました。その後、実際に体験もしたところ、皆、その効果に驚いた様子でした。
 治療院への導入にはある程度費用も必要ですが、手軽に使えて患者さんからも喜ばれるでしょう。今回は、臨床の現場でも使われている機械を体感する、貴重な会となりました。