スペシャルコンテンツ

東洋鍼灸専門学校の日常や、普段とは一風変わった一面をお届けします。
当校の雰囲気を少しでも感じて頂ければと思います。

2014.12.05 Fri
在校生向けイベント~三浦勝男先生による「眼疾一切の鍼及び喉の病の鍼」~を開催しました!

在校生向けイベント~三浦勝男先生による「眼疾一切の鍼及び喉の病の鍼」~を開催しました!

以前より楽しみにしておりました、三浦勝男先生による今年度4度目の特別講演が、12/4に行われました。
今回の公演は、『秘法一本鍼伝書(著:柳谷素霊)』に沿って「眼疾一切の鍼及び喉の病の鍼」をメインに教えていただきました。

前半は本の解説をメインに、素霊先生の人柄や素晴らしい逸話を交えながら、講演は進みました。

眼疾一切の鍼

主に眼精疲労に効く鍼術で、骨模型を使いながら、取穴と鍼の挿入角度や深さ、太さを丁寧にわかりやすく教えていただきました。
また、眼窩上縁への刺入のコツや内出血を起こさない方法など、ご自身の治療技術を出し惜しみなく教えていただき、「後進を育てる」ことに対して、とてもご熱心な姿が印象的でした。

喉の病の鍼

喉の痛みや扁桃腺が腫れた時に効く鍼術で、合谷を使って治すことができるそうです。
また、今までの講演でも仰っていましたが、「経絡治療をしたうえで、一本鍼を使う」ということを念押ししていらっしゃいました。

後半は、学生がモデルになり、三浦先生やお弟子さんの施術を披露。
基本は上記二つの鍼術がメインですが、三浦先生が臨床で使われている技術も披露していただき、大変勉強になりました。
優秀なお弟子さんによる経絡治療では、とても軽やかに流れるような鍼さばきに見惚れました。
高い技術力を拝見し、私も気持ちを引き締め、日々研鑽していこうと改めて思いました。

毎回、この講演に出席するたびに感じるのですが、私の中にある鍼灸の世界が広がっていくように感じます。いつもありがとうございます。
また次回の講演も楽しみにしております。

鍼灸あん摩マッサージ指圧科夜間部1年 堀 純

参加者の声:
●三浦先生の講義を毎回楽しみにしています。他では見ることのできない「一本鍼」を見ることができてよかったです。
●柳谷素霊先生の秘伝一本鍼伝書は読みました。しかし、実際に本で読むのと、経験を踏まえた実技を見たり聞いたりすることでは大きく違うなと、改めて感じました。勉強になりました。ありがとうございます。
●一年次から三浦先生の特別授業に参加して、片手挿管が大事だとおっしゃった先生の話を聞いて、基礎練習を大事にしてきた。おかげで、家族や友人に散鍼すると、すごく気持ちいいと言ってもらえる。地味な基礎練が少しずつ手についてくるのを感じるからこれからも基礎練習を続けていきたい。聞いたこともないお話や、先生の鍼を拝見できて、今日参加できてよかったです。
●治療院を見に行きたくなりました。
●痛みの治療だけでなく原因も含めて治しているところがすごいと思いました。
●仙骨周辺を先生に刺鍼していただいたのですが、先生もおっしゃっていたように、すべて鍼灸に頼るのではなく、患者本人の日々の生活改善が必要だということがわかりました。ありがとうございました。