【学生・卒業生向けイベント】吉岡興先生~鍼灸学校時代の思い出~ を開催しました! |鍼灸・あんまの学校 針灸教育の名門 東洋鍼灸専門学校

スペシャルコンテンツ

東洋鍼灸専門学校の日常や、普段とは一風変わった一面をお届けします。
当校の雰囲気を少しでも感じて頂ければと思います。

2014.10.29 Wed
【学生・卒業生向けイベント】吉岡興先生~鍼灸学校時代の思い出~ を開催しました!

【学生・卒業生向けイベント】吉岡興先生~鍼灸学校時代の思い出~ を開催しました!

こんにちは!事務室です。
10/24(金)、本校創立者柳谷素霊より直接の指導を受けられたという吉岡興先生をお招きし、ご講演いただきました。
学生からレポートが届きましたよー♪

吉岡先生の話を聞いて

私が特に印象に残っている話は柳谷先生との昔話の中で、吉岡先生が学校に残って友人と鍼の練習をしているところに柳谷先生が来て手本を見せてもらった時の話です。
「では、今から刺すぞ。返事は?」
「はい。」
「もっと大きな声は出ないのか。」
「はい‼」
と言っている間に吉岡先生の身体に鍼が刺さっていたらしく、全く気づかなかった。という話です。息を吐いている間に鍼を刺すという手法らしく、柳谷先生に直接教えて頂いた吉岡先生にしかわからない話なのでとても貴重な話が聞けてよかったです。
また、治療面以外での柳谷先生のエピソードで、アメリカ兵に日本人が絡まれ、周りの誰もが助けることが出来ない状況で、柳谷先生1人が仲裁に入った話が心に染みました。
さりげなく踵でアメリカ兵の足の甲のツボを踏んでいた。ということですが、一つの事に秀でた達人にもなると、他の事でも応用が効くようになるのだと感動しました。

最後に、吉岡先生からアドバイスを頂きました。
一つは、とにかく基礎を大切にするということ。
もう一つは、未だに算数の九九をパッと言えるように、取穴も自在に出来るようになりなさいとのアドバイスを頂きました。例えば経穴名をパッと言えるような感じで。
実際に吉岡先生はスラスラ言えていました。

今回の講話、吉岡先生の話がとても面白かったので、公聴していた学生の間でも次回があれば是非実技を教えて頂きたいという意見が多くあったので実現してもらえたら嬉しいです。
吉岡先生、貴重なお話をありがとうございました。

鍼灸あん摩マッサージ指圧科1年 宮下 政人 宮坂 龍介