• 入学をお考えの方
  • 夜間部への入学をお考えの方
  • 資格取得を目標としている方
  • 独立開業を目指す方

創立のあゆみ

東洋鍼灸専門学校の歴史

本校は、世界的鍼灸医学の権威者柳谷素霊が大正より昭和に至るまで、後進の指導に当たり教育経験と斯学(しがく)研究の実績を広く後進に伝え、済世(さいせい)の道に貢献することを念願し、設立した学校です。

昭和2年 素霊鍼灸塾を創設。
10年 日本高等鍼灸学院と改める。
24年 拓殖大学付属正明高等学校理療科として発足。
32年 東洋鍼灸専門学校として独立。
柳谷素霊初代校長となる。
本科、別科、柔整科設立。
34年 丸山昌朗 二代目校長となる。
間中喜雄 三代目校長となる。
35年 新宿区歌舞伎町(西大久保)自宅跡地に東洋鍼灸専門学校校舎を設立。
46年 石野信安 四代目校長となる。
60年 学校法人素霊学園 東洋鍼灸専門学校と改組。石野尚吾 五代目校長となる。
鍼灸あん摩科設立。
平成7年 現在の新校舎に移転。
12年 第二校舎設立。講堂が設置される。
13年 鍼灸科設置。
(東洋鍼灸独自の鍼灸科が設置される。)
15年 丹澤章八 六代目校長となる。
17年 第三校舎設立。臨床施設改修。
19年 素霊記念館開館。
21年 岡田明三 七代目校長となる。
22年 実技棟設立。
23年 竹内廣尚 八代目校長となる。
鍼灸あん摩科を鍼灸あん摩マッサージ指圧科に学科名変更
昭和23年(1948)学校設立についての相談会。戦前より関係の深い、拓殖大学の付属高等学校に鍼灸学校を併設しようと、真剣に努力していた時のもの

昭和23年(1948)学校設立についての相談会。戦前より関係の深い、拓殖大学の付属高等学校に鍼灸学校を併設しようと、真剣に努力していた時のもの

初代校長 柳谷 素霊

初代校長 柳谷 素霊

20091215144801

bnr_cta 学校説明会 お申込み・詳細はこちら 資料請求 お申込み・詳細はこちら